「EOS」発売30周年記念ロゴ

キヤノンのレンズ交換式カメラ「EOS」、交換レンズ「EFレンズ」、各種アクセサリで構成する「EOSシステム」が、2017年3月に発売30周年を迎える。

「EOSシステム」は1987年3月に、世界で初めて完全電子マウント方式を採用したAF一眼レフカメラ「EOS 650」と、交換レンズ「EFレンズ」の発売とともに誕生した。「EOS」は「Electro Optical System」の略で、ギリシャ神話の「曙の女神」の名でもある。

CMOSセンサ、映像エンジン、交換レンズをすべて独自開発しており、2003年にはデジタル一眼レフカメラのエントリー機「EOS Kiss Digital」を発売し、同年に世界シェアNo.1を獲得、2015年までの13年間連続で世界シェアNo.1を守り続けている。さらに、2015年11月には「EOSシリーズ」累計生産台数8000万台、2016年8月には「EFレンズ」累計生産本数1億2000万本を達成した。

このほか、2008年にはデジタル一眼レフカメラとしては世界初のフルHD動画撮影機能を搭載した「EOS 5D Mark II」、2012年にはこれまでの映像技術をBtoB分野に応用展開した映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」、2012年7月にはミラーレスカメラ「EOS Mシリーズ」を発売。2017年1月の時点で、現行機種として「EOS」24機種、「EFレンズ」97種類をラインアップし、プロからエントリーユーザーまで、幅広いニーズに対応している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます