スマートノートパッドの新製品「Bamboo Folio small」

ワコムは、ペンの正確さが向上し、より自然な描き心地を実現した新世代のプロ向けペンタブレット「Wacom Intuos Pro」「Wacom Intuos Pro Paper Edition」を1月19日に、次世代デジタル文具「Bambooスマートパッドシリーズ」の新ラインアップ「Bamboo Folio small」を1月下旬に発売する。

進化したプロ向けタブレット「Intuos Pro/Pro Paper Edition」

「Wacom Intuos Pro」「Wacom Intuos Pro Paper Edition」は、PCにUSBまたはBluetoothで接続するペンタブレット。従来の「プロペン」の約4倍、8192レベルの筆圧感知に対応した「Wacom Pro Pen 2」が付属し、ペンの正確性・追従性が大幅に向上した。

「Wacom Intuos Pro」は、厚さ8mmと薄く、持ち運びしやすく、底面に摩耗に強いアルマイトを施したペンスタンド、10本の替え芯が付属する。ラインアップは「Medium」「Large」の2種類。オンラインショップのワコムストアでの税別価格は、「Wacom Intuos Pro Medium(PTH-660/K0)」が3万9800円、「Wacom Intuos Pro Large(PTH-860/K0)」が4万9800円。

新たにラインアップした「Wacom Intuos Pro Paper Edition」は、「Wacom Pro Pen 2」に加えて、スムーズな描き心地の筆圧感知対応ゲルインクペン「Wacom Finetip Pen」、ペーパークリップが付属する。

本体に置いた紙に「Wacom Finetip Pen」で描いたデータは、本体のセンターボタンを押すだけでデジタル化され、アプリ「Wacom Inkspace」に転送・保存され、クラウドサービスInkspaceと自動同期するため、アイデアスケッチから仕上げまで、紙とデジタル両方の作品制作フローを1台で行うことができる。

ワコムストアでの税別価格は、「Wacom Intuos Pro Paper Edition Medium(PTH-660/K1)」が4万4800円、「Wacom Intuos Pro Paper Edition Large(PTH-860/K1)」が5万4800円。

簡単に手書き入力をデジカル化できるBamboo Folio small

「Bamboo Folio small」は、2016年9月発表の「Bamboo Slate」や「Bamboo Folio large」と同じ技術を備えた、手書きノートやスケッチをボタンを押すだけでデジタル化できるデジタル文具。

デジタル化したメモは、ワコムが提供するInkspaceをはじめ、Dropbox、Evernote、OneNoteといったクラウドサービスで保存・整理が可能なほか、本体に約100ページ分のデータを保存できる。コンパクトなスモールサイズで、付属のカバーは、ノートに書いたメモを隠せるほか、名刺や書類を収納可能なポケット付き。価格は未定。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます