らくらくスマートフォン4

NTTドコモは、2016-2017年冬春モデルとして、シニア層向けの「らくらくスマートフォン4 F-04J」を2月中旬に、デュアルカメラを搭載したハイスペックモデル「V20 PRO L-01J」を2月下旬に発売する。

富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「らくらくスマートフォン4」は、約4.5インチ有機ELディスプレイ、1300万画素の広角カメラを搭載。聞き取りやすい「スーパーはっきりボイス」に対応するとともに、大きなメール文字サイズ、ボタンのような押し感の「らくらくタッチパネル」を採用。また、LTEに加え、従来のVoLTEより音質を高めた通話サービス「VoLTE(HD)+」に対応し、高音質で安定した通話を利用できる。

OSはAndroid 6.0。さらに、「らくらくスマートフォン」シリーズで初めてGoogle Playにも対応し、好きなアプリをダウンロードできる。サイズは幅67.0×高さ137.0×奥行き9.9mmで、重さは約130g台。カラーは、ピンク、ホワイト、ブラックの3色。

「V20 PRO L-01J」はLG Electronics製で、解像度1440×2560、約5.2インチのディスプレイ、手ブレ補正とレーザーオートフォーカス対応のデュアルカメラ(約1620万/約820万画素)を搭載。「Quad-DAC」を採用し、デンマークのオーディオメーカー・Bang&Olufsenのチューニングによるハイレゾ対応のサウンド機能を搭載するなど、高画質な写真・動画を撮れるカメラに加え、音にもこだわった。OSはAndroid 7.0。外部接続はUSB Type-C。サイズは幅72.0×高さ149.0×奥行き8.0mmで、重さは約140g台。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます