美輪明宏を直撃! 「ロマンもヘチマもない」現代を癒す究極の美とは?

2012.6.26 10:40配信
美輪明宏 美輪明宏 (撮影:御堂義乗)

受け手のコンディションを見極め、それにふさわしい最善の方法で、もてなす。といってもレストランのことではない。供されるのは、音楽会。観客を迎えるのは、美輪明宏だ。秋にスタートする『美輪明宏/ロマンティック音楽会』を前に、選曲はもちろん、舞台美術から照明、衣裳まですべてに目を配る美輪が、現時点での構想を語った。

美輪明宏/ロマンティック音楽会の公演情報

まずは受け手の現在。美輪は世間をどう見ているのだろうか。「今は、ロマンもヘチマもありません。テレビを観ても、低次元のお笑いや、女性タレントのセックス談義。テレビマンの品性は、落ちるところまで落ちています。それに、政治も経済もどこもかしこも、いいところがない。一服の清涼剤が必要なときだと思います」。

殺伐とした社会に生きる人々を癒す特効薬、それは“美”だ。今回は「もっと徹底して耽美的な世界を提供したい」と美輪は言う。「いつもは、政治批判や時事評論みたいなお説教がましいことも話したりしていましたけど、今度はそういうのはやめて、きれいな話や美しい話をしたいと思います」。また舞台美術については、「アールデコやアールヌーヴォーは使ったので、いっそのこと四次元にしたらどうかと思って。よく、天国に行って戻った方が、“お花畑のようだった”って言うでしょう? それを再現したいんです」と無邪気な笑顔で話す。

曲のチョイスも気になるところだ。「会う人ごとに“どんな曲が聴きたい?”ってリサーチしています。“『ヨイトマケの唄』がなければ、あなたはいないも同然”という友人がいる一方で、『愛の讃歌』は朝と晩に聴きたいという方がいたり。今回は、自作の『うす紫』や、ピンク・マルティーニも録音した『黒蜥蜴の唄』もプログラムに入れるかもしれません」。

「1900年代初頭の美が極められた時代を実感として知る最後の世代として、次に伝えていかなければならない使命が私にはあります」。そう語る美輪があふれるほどの愛を注ぎ込んだステージは、“心のビタミン”とも“命の洗濯”とも称され、リピートする観客が後を絶たない。

『美輪明宏/ロマンティック音楽会』は、東京・ル テアトル銀座 by PARCOにて9月10日(月)から30日(日)まで開催。チケットぴあでは、7月8日(日)の一般発売に先がけ、7月5日(木)20:00までインターネット先着先行プリセール(座席選択可能)を受付中。東京公演の後、全国ツアーを予定している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング