fd400640

新春を迎え、まだまだ寒くなるというものの、ポカポカの春はすぐそこまできています。

過ごしやすいというものの、紫外線は夏に向けてすでにたくさん降り注いでいます。紫外線は老化の要因でもあるので、できるだけ避けたいものですよね。

今回は、そんな紫外線から守る食事ケアについてご紹介いたします。

春の紫外線量って?

17b881bc8ee6330e377aeb4d6d1c2e4e_s-640x480

夏の天気予報では必ずといっていいほどでる“紫外線情報”。確かに1年の中で1番降り注いでいるのは夏ですが、紫外線は1年中降り注いでいて、2月は1月の倍、3月は2月の倍、4月は3月の倍とどんどんと増加していきます。そして5月は真夏とほぼ同程度の紫外線が降り注ぎます。

紫外線はシミだけではなく、しわやたるみといった老化の要因になることは知られていますが、それだけでなく失明がんなども引き起こす恐ろしいもの。だからこそ、紫外線が強くなり始める今の時期からのケアが重要となってきます。

紫外線ケアに重要なポリフェノールとは

日焼け止めクリーム、日傘、帽子、手袋、サングラス……たくさんのUVケアアイテムがありますが、外からバリアするだけでなく、内側からのケアとして“食べる日焼け止め”も重要となります。

紫外線に打ち勝つには、日々のバランスの整った食事はもちろんのこと、丈夫な皮膚を作ったり守ったりする栄養分が大切。その栄養分の代表は“ポリフェノール”。私たちの細胞を守ってくれる、美の味方の成分です。

もともとは植物の苦味や渋み、色素の成分で、植物が受ける紫外線からの攻撃をポリフェノールが持つ強い“抗酸化作用”によって、守ってくれています。

このポリフェノールを食べて取り入れれば、私たちが受ける紫外線からの攻撃を守ってくれるのです。そのポリフェノールはなんと自然界に5,000種以上も存在しています。働きも多少異なってくるので、今回は紫外線に特化したポリフェノールをご紹介いたします。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます