マウスコンピューター、恋愛ゲーム「ソニコミ」推奨オリジナルデザインノートPC「LB-K810B-SPS」

2012.6.26 11:48配信
LB-K810B-SPS

マウスコンピューターは、ニトロプラスのWindows対応恋愛コミュニケーションゲーム「ソニコミ」の動作推奨を取得した「ソニコミ」推奨オリジナルデザインノートPC「LB-K810B-SPS」を、8月中旬以降に発売する。価格は8万9880円で、6月27日午前10時から予約を受け付ける。

CPUにインテルCore i5-3210Mを採用。15.6型フルHD光沢液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、グラフィックスはNVIDIA GeForce GT650M(ビデオメモリ1GB)で、8GBのメモリ、500GBのHDD、DVD±R2層書き込み対応DVDスーパーマルチドライブを搭載する。インターフェースにはUSB3.0ポート×2、USB2.0ポート×1、HDMI出力×1、D-sub15ピン×1、SDXC/SDHC/SD/MMCなど9種類のメディアに対応したメモリカードスロットを備える。

OSはWindows 7 Home Premium 64ビット SP1で、IEEE802.11b/g/n対応の無線LANと、Bluetooth 4.0+LEに対応している。

バッテリ駆動時間は、約3.5時間。サイズは幅374×高さ35~44×奥行き250mmで、重さは約2.71kg。

「ソニコミ」を構成する三つのゲーム要素「恋愛AVG」「タレント養成SLG(着せ替え)」「撮影ACT」のうち、最も3Dグラフィック描画機能を必要とする「撮影ACT」で、環境設定を「高負荷」に設定しても快適にゲームをプレイできる。

システム音声には、「すーぱーそに子」の録り下ろしボイスを適用。「通常ver」「ナースver」「海水浴ver」それぞれ20個ずつ、計60個の録り下ろしボイスを収録する。

天板には、ライブマスコットガール「すーぱーそに子」のキャラクターデザインを担当した津路参汰氏の書き下ろしイラストを採用。さらに、ニトロプラス監修で制作したオリジナルスクリーンセーバーを収録するとともに、「すーぱーそに子」たちが案内するオリジナルアイコンを、マイコンピューター、ゴミ箱、マイフォルダ、マイネットワークに適用している。また、天板の描き下ろしデザインをはじめとした「すーぱーそに子」の壁紙を複数収録している。

予約は、マウスコンピューターのウェブサイトと「G-Tune」のウェブサイトで受け付ける。「G-Tune」のウェブサイトでは6月27日午前10時から、マウスコンピューターダイレクトショップでは同日午前11時から予約受付を開始する。予約多数の場合は抽選。なお、電話販売窓口では予約を受け付けていない。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング