Amazon.co.jpは1月18日、スタートアップを支援するグローバルプログラム「Amazon Launchpad」を日本でも開始した。また、特設ストア「Amazon Launchpadストア」をオープンし、スタートアップによる製品の販売を開始した。

「Amazon Launchpad」では、スタートアップに対し、世界各国のAmazonを含め、露出機会を拡大するマーケティング施策やセールスサポート、配送サービスを提供し、スタートアップが直面する新製品発売にともなうさまざまな問題の解決を支援する。商品登録サポート、Amazonのフルフィルメント・ネットワークやマーケティングを有効に活用することで、ビジネスの成長の加速も期待できる。

日本では、日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)、クラウドファンディングのMakuake、シードアクセラレーターのABBALabと協力し、スタートアップを募集。参加を希望するスタートアップは、オンラインで参加申請できる。

プログラムの開始にあわせてオープンした「Amazon Launchpadストア」では、ウェアラブルデバイス、スマートホーム、知育・学習玩具など250以上の製品を取り扱う。MAMORIO、BONX、VIE STYLE、KAMARQなど、すでに15社以上の日本のスタートアップが参加している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます