レザーバンドの「G-SHOCK」の「G-STEEL」新モデル

カシオ計算機は、耐衝撃構造のタフネス腕時計「G-SHOCK」から、独自のレイヤーガード構造と、クールなブラックのメタルバンド、シックな印象を与える風合いあるレザーバンドを採用した「G-STEEL」の新モデルを2月に発売する。

新モデルのうち、メタルバンドの「GST-W130BD-1AJF」以外は、樹脂素材に耐摩耗性に優れた合皮「タフレザー」を張り合わせた新開発のバンドを採用。樹脂の芯材にタフレザーをステッチで縫いこむことで裏面からの耐衝撃性能を確保しつつ、質感を高めた。ステッチを施すなど、細部のディティールにもこだわった。

立体的で奥行きあるフェイス部の大型インデックスや時分針は、風合いあるアイボリーをカラーリング。「GST-W130L-1AJF」は、ソリッド感のあるメタルベゼルとレザーを組み合わせた。樹脂ベゼルの「GST-W120L-1AJF」はローズゴールド×ブラック、同じく樹脂ベゼルの「GST-W120L-1BJF」はブラック×マスタードの組み合わせで、強さと優美さを演出した。

共通の特徴として、タフソーラー、世界6局(日本2局、中国、アメリカ、イギリス、ドイツ)の標準電波を受信し、時刻を自動修正する電波受信機能、針退避機能を搭載。また、針にはネオンイルミネーター、液晶にはホワイトのバックライトを採用し、暗い場所での見やすさを高めた。

税別価格は、メタルバンドの「GST-W130L-1AJF」が5万7000円、レザーバンドの「GST-W130L-1AJF」「GST-W120L-1AJF」「GST-W120L-1BJF」は4万1000円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます