Lenovo YOGA 910

レノボ・ジャパンは1月20日、ノートPC「YOGAシリーズ」の新たなフラッグシップモデル「Lenovo YOGA 910」と、2in1タブレット端末「Lenovo ideapad MIIX510」を発売した。

「Lenovo YOGA 910」は、薄くて軽いアルミユニボディに、狭額縁の13.9インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)を搭載。従来モデルと同等の筐体サイズで大画面化した。最新の第7世代インテル Core i5-7200UプロセッサやPCIe接続のSSDを採用し、パフォーマンスも高めた。

独自の「ウォッチバンドヒンジ」によって、「ノートブックモード」「スタンドモード」「テントモード」「タブレットモード」の4種類のモードを利用シーンに応じて選択できる。このほか、JBL製ステレオスピーカーや「Windows Hello」に対応する指紋認証リーダー、USB3.0 Type-C(HDMI出力機能付き)、USB2.0 Type-Cなどを搭載する。バッテリ駆動時間は約15.8時間。サイズは幅323.0×高さ14.3×奥行き224.5mmで、重さは約1.38kg。

カラーは、シャンパンゴールド、プラチナシルバーの2色。税別のダイレクト販売価格は15万5000円から。

「Lenovo ideapad MIIX510」は、12.2インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)を備えた2in1 PC。スライドパッド付きフォリオキーボードと「Active Pen」が付属し、利用シーンに応じて、ノートPCとしても、タブレット端末としても使える。背面のキックスタンドには、腕時計のバンドのような「ウォッチバンドヒンジ」を採用し、スムーズな角度調整を可能にした。

本体には、フルサイズのUSB3.0、USB3.0 Type-C(HDMI出力機能付き)や、フロント200万画素/リア500万画素のカメラを備える。バッテリ駆動時間は約5.1時間。サイズは幅303.9×高さ16.1×奥行き205.1mmで、重さはタブレット単体で約880g、キーボード装着時は約1.26kg。カラーはプラチナシルバー。税別のダイレクト販売価格は12万5000円から。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます