日立マクセル、USB出力搭載の単3形/単4形兼用ニッケル水素充電器「ecoful CHARGER」

2012.6.26 18:16配信
「ecoful CHARGER MHRC-150」(左2個)と「MHRC-300」

日立マクセルは、USB出力を備え、スマートフォンの充電に対応する単3形/単4形兼用ニッケル水素充電器「ecoful CHARGER(エコフルチャージャー)」を、7月14日に発売する。充電個数が2本のタイプ(MHRC-150)と4本のタイプ(MHRC-300)の2機種で、カラーは「MHRC-150」がホワイト、ピンクの2色、「MHRC-300」がホワイト、ブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は「MHRC-150」が2300円前後、「MHRC-300」が3800円前後の見込み。

対応するニッケル水素充電池は、単3形が「ecoful」(MHR-3SAY)と「ecoful lite」(MHR-3LAY)で、充電時間は「ecoful」が約6時間、「ecoful lite」が約3時間。また単4形は「ecoful」(MHR-4SAY)で、充電時間は約2時間。

USB出力によって、ニッケル水素充電池からスマートフォンを充電できる。「MHRC-300」は、スマートフォンのフル充電に対応。アルカリ乾電池も利用でき、緊急時の充電に便利だ。

本体のLEDは、ニッケル水素充電池の充電中は赤、充電完了時には緑に点灯して充電状態を教える。USBポートからスマートフォンなどの外部機器への出力時は、端子部分が青に点灯する。また、電池ボックスにゴミやホコリが入りにくいようにするスライドカバーを備える。

「MHRC-150」は、サイズが幅40.5×高さ100.0×奥行き22.9mmで、重さは約56g。単3形ニッケル水素充電池「ecoful」2本が付属する。「MHRC-300」は、サイズが幅70.5×高さ100.0×奥行き22.9mmで、重さは約88g。「ecoful」4本が付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング