NTTドコモ、タブレット端末やスマートフォンがカーナビに! クレイドル「ドライブネットクレイドル 02」

2012.6.26 18:17配信
ドライブネットクレイドル 02

NTTドコモは、同社の7インチ台のタブレット端末や5インチ台のスマートフォンをカーナビとして利用できるクレイドル「ドライブネットクレイドル 02」を、6月29日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万4000円前後の見込み。

ドコモが提供する月額使用料315円のカーナビゲーションサービス「ドコモ ドライブネット」と、対応するタブレット端末やスマートフォンを組み合わせることで、本格的なカーナビゲーションサービスが利用できる。

GPS、加速度センサ、ジャイロセンサを内蔵するほか、渋滞や交通規制などの道路交通情報をリアルタイムに送信するVICS情報や、幹線道路から細い道路まで広範囲な渋滞情報を取得するパイオニアの「スマートループ渋滞情報」に対応する。

電源は、シガーライターソケットから供給し、端末とはBluetoothでワイヤレス接続する。サイズは、クレイドル本体が幅約195×高さ155×奥行き44mmで、重さは約224g。センサユニットが幅約76×高さ14×奥行き50mmで、約38g。

対応する端末は、「GALAXY Tab SC-01C」「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」「GALAXY Note SC-05D」「MEDIAS Tab N-06D」、7~8月発売予定の「Optimus Vu L-06D」、8月発売予定の「L-06D JOJO」。6月29日にバージョンアップするアプリ「ドコモ ドライブネット」のダウンロードが必要。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング