フローズンファンタジーパレードフローズンファンタジーパレード ©Disney 撮影 / MezzoMiki

2017年1月13日から3月17日まで、東京ディズニーランドでは冬のスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」が開催されています。

2015年1月、東京ディズニーランドに初めてアナ、エルサ、オラフの3人がグリーティング形式の小規模なパレードで登場して以来、年々レベルアップを重ねながら3年目を迎える同イベント。

2017年の世間的なイチオシは、全編『アナと雪の女王』のシーンで構成される夜のキャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」ですが、個人的には他にもレベルアップしていると感じるポイントがあります。

それは、映画に登場するサブキャラクターたちも、全面に押し出されてきていること。

特に、ディズニー映画『アナと雪の女王』の中では、トナカイのスヴェンが1番大好きな筆者にとって、スヴェンに触れ合えるポイントの多い2017年は、例年以上にアツいイベントになっています。

今回は「2017年の"アナとエルサのフローズンファンタジー"を通して、スヴェンをもっと好きになってもらいたい!」 という思いを胸に、スヴェンファン目線の注目ポイントを3つ、ご紹介します。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます