スクールオブスノーボード|軽井沢スノーパークスクールオブスノーボード|軽井沢スノーパーク

スノーボーダーのお父さん、お母さん。

「子どもにスノーボードデビューさせるのは、まだ早い」
「まずはスキーからじゃないとダメ」

と思い込んでいませんか?

良質なスクールさえ選べば、幼児や小学校低学年でも楽しめる&上達する

タングラムスキー& ボードスクール(SAJ)|タングラム斑尾「タングラムスキーサーカス」タングラムスキー& ボードスクール(SAJ)|タングラム斑尾「タングラムスキーサーカス」

私自身、スノーボーダーですが、当時5歳と3歳だった子どもたちには、やはり、スキースクールから受講させました。

ところが、現在、3シーズン目で、約10件のスキー&スノーボードスクールを受講させた経験すると、「低年齢=スキー」は、固定観念に縛られていただけかもしれない、と思うようになってきました。

良質なスクールさえ選べば、幼児や小学校低学年でも、親が驚くほど、スノーボードを楽しめるのです。

我が子にスノーボードデビューさせる際に、パパ・ママが気になる、5つの疑問に、実体験から答えます。

  1. スノーボードは危険ではないの?
  2. 何歳からデビューできる?
  3. ぶっちゃけ、幼児でも楽しめるの?
  4. どれくらい練習すればゲレンデに出られるようになる?
  5. 良質スクールの見つけ方・探し方は?

1. スノーボードは危険ではないの?

ヘルメットに加え、膝当ても装備|ママミキーキッズスノースクールヘルメットに加え、膝当ても装備|ママミキーキッズスノースクール

何と言っても、気になるのが、安全面。

ビギナーレベルで、きちんと安全配慮をしている前提であれば、スキーと比較して、特別にスノーボードのほうが危険だと感じる場面は、今までありません。

逆エッジ転倒

ご存知のとおり、両足を固定するスノーボードですから、エッジが引っかかって転倒したときに、地面に叩きつけられる形になるケースがあります。

が、ビギナーレベルでは、サイドスリップの練習が主で、あまりスピードが出ず、転倒しても、スノーボード特有のリスクは感じません。

発育が進み、身体ができていくに従って、徐々にステップアップしていくのであれば、一般論として、大きな問題にはならないでしょう。

安全面に力を入れるスクールが多い

また、各スクールで、安全面には、かなり配慮している様子が、うかがえます。

デビュー時に、持ち方(エッジで手を切らないよう、必ず手袋をして抱える)や、雪上での置き方(滑っていってしまわないよう、バインディングを下向きに置く)のレクチャーは、当たり前。

舞子スノーリゾートの「ママミキーキッズスノースクール」では、ヘルメットのほか、膝当てプロテクターを装着します。

滑る前に、転ぶ練習|タングラムスキー& ボードスクール(SAJ)滑る前に、転ぶ練習|タングラムスキー& ボードスクール(SAJ)

タングラム斑尾の「タングラムスキー& ボードスクール」では、変に手を突いて骨折しないよう、転び方のレクチャーからスタートしました。

また、2016年に取材した、STEP7の敏腕コーチ、肌附麻衣さんも、

「しっかりプロテクターをして、確かな道具選びをすれば、他のスポーツと比べて、スノボだけが小さい子には危ない、ということはありません」

【雪育】子どものスキー&スノボがぐんぐん上達!「舞子スノーリゾート」厳選キッズスクール3つ【受講レポ】

と語っていました。

ゲレンデに出る際はヘルメットでの防護は必須

唯一、気になるのは、練習エリアからゲレンデに出て以降ですが、雪上に座っているときです。

ご存知のとおり、スノーボードは、立ったまま静止するのが難しいので、待機時は、お尻をついて座ったり、膝をついて中腰になったりします。

ママミキーキッズスノースクール|舞子スノーリゾートママミキーキッズスノースクール|舞子スノーリゾート

インストラクターは安全を考えて、待機場所を選ぶわけですが、滑ってくる側が万が一、コントロールを失っていれば、突っ込まれる可能性がないとは言えません。

もちろん、こうした危険は、スキーでも、スノーボードでも、同じで、ことさらスノーボードだけが危ないわけではありません。

ただ、座っている分、頭の位置が低いので、スキーよりも、やや危うさを感じます。

ゲレンデに出るのであれば、ヘルメットでの防護は、必須であるように感じます。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!