浦井健治 撮影:福井麻衣子 浦井健治 撮影:福井麻衣子

昨夏の公演は全日程完売、大評判となったミュージカル『王家の紋章』。累計発行部数4千万部を誇り、40年間連載が続いている少女漫画界屈指の大ヒット作を、世界で初めてミュージカル化した作品だ。その中で、主人公であるエジプト王メンフィスを演じたのが浦井健治。演技や歌はもちろん、その“ビジュアル力”も評判となった。浦井に、約半年というはやさで再演される『王家の紋章』について話を聞いた。

チケット情報はこちら

「ありがたいことに、とても大きな反響を頂きました。ひとえにそれは、原作の力であり、細川智栄子先生と芙~みん先生が40年、命をかけて作ってきたものが素晴らしいから、です」と、まずは原作へのリスペクトを口にする。「その大切な作品を僕らに託してくださった。その重みを考えると大変なことでした。でも原作ファンの方からも『いつも読んでいた漫画のメンフィスが目の前に現れた!』といったお手紙もたくさん頂いた。すごく嬉しかったですし、衣裳さんやメイクさんとも一緒に喜びました。嬉しいことに、先生方からも『メンフィスにぴったり』という言葉をもらったんですよ」。

演じたメンフィスは、若きエジプト王。絶対的な権力を持つ彼が、現代アメリカから古代エジプトに迷い込んできた少女・キャロルに心を惹かれていく…というのが物語の骨子だ。原作者お墨付き、浦井が扮するメンフィスは雄々しさと美しさ、そして甘さを同居させた、まさに少女漫画から抜け出たようなヒーローだった。「最初はメンフィスは身勝手な人間に見えたのですが、実際に演じてみると“ファラオとして存在しているのだから、人を人とも思えないのは当たり前だな”とわかりました。古代のファラオは、触れてはいけないくらいの偉大な存在ですから。でもひとりの人間としては、素直でまっすぐで、実は優しいというのも見えてきました」と“メンフィス像”を語る。ちなみに、なかなか現代日本で暮らす我々には縁遠い役柄だが「演じていると、だんだん快感になってくるんです。メンフィスの衣裳を着て歩けば、舞台裏でもみんなが道をあけてくれますし(笑)」というエピソードも。

さて、約半年の熟成期間を経てふたたび挑むメンフィスは、どういったものになるのだろう。「より高みを目指し、より多くの方に満足していただけるメンフィスを目指したいです。例えば振り返った瞬間に『浦井がいる』じゃなく『メンフィスがいる』と思ってもらえるように」。そして再演ではリーヴァイ氏による新曲も追加され、脚本・演出もブラッシュアップされるという。「いま、スタッフさんたちがかなりの熱を帯びて、総力をあげて練り直しています。僕自身も演者として、初演の自分を超えるのが課題。単なる再演にはなりません!」。メンフィス王が力強く宣言したその言葉を信じ、さらに壮大な愛とロマンが目の前に現れる日を楽しみに待ちたい。

公演は4月8日(土)から5月7日(日)まで東京・帝国劇場にて。チケットぴあでは1月26日(木)23:59までWEB先着先行「プリセール」を受付中。5月には大阪公演も。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます