20160331171820b74 実写ドラマ化が決まった「光のお父さん」(一撃確殺SS日記より)

スクウェア・エニックスが開発・運営する人気オンラインゲーム『ファイナルファンタジー14』のプレイヤーが綴る人気ブログ「一撃確殺SS日記」で好評を博した「光のお父さん」がTVドラマ化。

実写ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」として、4月よりMBS/TBS系のドラマイズム枠で放送されることになり、メインキャストが発表されました。

20140928213400bf7 強敵「イフリート」に挑むマイディーさん(左)とお父さん(右)の姿 (一撃確殺SS日記より)

本作の主人公にあたる“光のお父さん”こと、60歳にしてオンラインゲームの世界に飛び込んだ「お父さん」役に大杉漣さん、息子にして企画の立案者であるブロガー・マイディーさんを千葉雄大さんが演じます。

原作となるブログ「一撃確殺SS日記」で展開された「光のお父さん」は、ゲーム内の写真(スクリーンショット)を多様して、お父さんと息子(と素晴らしく愉快な仲間たち)が繰り広げる「FF14」の冒険記録。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-27-12-52-36 60歳を超えるお父さん、ときどきかわいい(一撃確殺SS日記より)

「初期装備の服が半袖で恥ずかしい」とゲームを辞めようとするなど、可愛らしい一面を持つお父さんと、『ファイナルファンタジー14』の世界をたっぷりと楽しんでほしいと悪戦苦闘するマイディーさんのハートフルなストーリーが、TVドラマでどのように描かれていくのか。

ブログを元にした作品は数あれど、史上初となる「ゲームプレイ日記」を原作として、親子の絆が描かれる『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』。今後の展開に注目ですね。

なお、「光のお父さん」シリーズは現在も「一撃確殺SS日記」にて公開中。また書籍化も決定しており、2017年3月に発売を控えています。

フィギュアとアニメが大好きなオタク系ライター。「ねとらぼ」や「INSIDE」など、ウェブメディアを中心に活動中。好きなキャラは「初音ミク」。夢はコミケにサークル参加すること。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます