遊川和彦監督夫人からの手紙を代読した天海祐希。(左)は阿部寛

 映画『恋妻家宮本』の初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、天海祐希、菅野美穂、佐藤二朗、富司純子と遊川和彦監督が出席した。

 本作は、脚本家の遊川氏が妻に恋をする“恋妻家”という造語を作り、大人の夫婦の物語を描いた映画監督デビュー作。

 阿部は「夫婦の物語をここまで掘り下げてやるのは初めてだったのですが、今後の人生の参考に、すごく勉強になったし、遊川監督と天海さんと楽しい夫婦生活を送らせていただきました」と撮影を振り返った。

 天海も「撮影中、楽しい毎日を過ごさせてもらいました。こんなハンサムさんと疑似夫婦を体験させていただいて幸せな毎日でした」とうれしそうに語った。

 一方、本作が出産後初の映像復帰作となった菅野は「『お手洗いに行ってきます』と言って子どもの世話をしながら撮影していたのが1年前。すごくいい思い出だなと思いました」と笑顔を見せた。

 菅野と夫婦役を演じた佐藤も「楽しかったです。菅ちゃんの旦那さんをやれて、僕は本当に一生の思い出になりました」と感無量の様子だった。

 天海から「真ん中へどうぞ。真ん中から見て、初監督作品のこの光景を目に焼きつけておくんですよ」と促されてステージ中央に立った遊川監督は、満員の客席を見わたしてあいさつした。

 佐藤が「二度とないから」とちゃちゃを入れると、天海は「そんなことない。これから重ねていくんですから」としみじみうなずき、「役者の側に立って、熱を持ってやってくださった。これからもっともっと撮ってもらいたい」とエールを送った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます