hugging-570872_960_720-20160925010415

好きな人が喜ぶこと、幸せを感じることって、何だろう? って考えませんか。

今回は彼との付き合いをもっと充実させるべく、男性が付き合っていて幸せを感じる瞬間をまとめてみました。

彼と付き合っていると、「幸せだなあ~」と感じることってたくさんあるのでは。

それこそ、ふとした瞬間に「ああ、いいなあ、こういう感じ……」と、心がホッと温かくなる感覚って、付き合っていれば幾多あると思います。

結婚を考えている彼なら、なおさら。相手をできるだけ喜ばせ、もっと幸せを感じさせてあげたいと思うのでは!?

今回は、男性が付き合っていて幸せを感じる瞬間をまとめてみました。

■のんびりとリラックスできたとき

自分の食べたい料理を気兼ねなく食べられる瞬間って、幸せなひと時だと思います。

たとえば、休みの日。仕事疲れを癒すために、のんびりと家で好きなご飯を食べて、映画を見ながらゆっくりと過ごすとか。

元々男性は、仕事のストレスをひとりで解消する人が多いもの。それこそ心身疲労している時は、大好きな彼女と過ごすよりも「なるべくひとりで過ごしたい」と感じる人が多いものです。

そのため、彼が家にいたいなら、せめて夕飯時くらいはから揚げや天ぷらを協力し合いながら揚げ、一緒にご飯を食べるなど。

彼が外に出てもいいのなら、作ったご飯や買ってきたお弁当を、見晴らしのいい公園で食べるとか。

彼の体力が回復したいとき、一緒にご飯を食べてあげると、男性はデート兼プチ新婚さん気分を味わえて「ああ、俺って幸せ者だなあ~」と強く感じるかもしれません。

■辛いときに傍に居てくれたとき

ひとり暮らしをしていると、体調を崩したときや仕事でミスをしたとき、ちょっとひとりでいることが寂しくなりませんか?

でも、好きな人にひと言でも「会いたい」と連絡して、彼女が気兼ねなく自分の部屋を訪れてくれたら――。

見た目以上に繊細な男性は、彼女の存在にとても嬉しさを感じそうです。

さらに「熱は何度あるの?」「病院は行った?」と優しく看病してくれるなら、頼もしい愛情の深さに彼はジーンとしそう。

はたまた「ムリしないでね」「●●が食べたがっていたうなぎ、週末に行こっか!」と、理由はともかく温かい言葉をかけてくれるなら、男性は改めて「彼女が好き」と実感できるのでは。

相手が辛い時でも黙って傍に居られるのは、本当に愛情のある人でなければできないことです。

彼も彼女がそうした存在であることを感じ取って、ホッと胸が温かくなるかもしれませんね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます