「フレッツ・ミルエネ」をセットにして、従来の「エディオン光」と同価格で提供する

エディオンは、インターネット接続サービス「エディオン光」と、東日本電信電話(NTT東日本)による「フレッツ・ミルエネ」を組み合わせた「エディオンネット IoTパック」の提供を2月1日から開始する。

「フレッツ・ミルエネ」は、家庭の消費電力量の閲覧できるほか、あらかじめ設定した消費電力量を超えると「お知らせメール」を自動送信する見守り機能や、スマートフォンで「ECHONET Lite」に対応したエアコンや照明器具などの家電を外出先から遠隔操作できる機能を提供するサービス。

提供エリアは、NTT東日本/NTT西日本の「フレッツ光ネクスト」提供エリアに準じる。申込みは、エディオン直営全店舗で受けつける。税別の月額料金は、「エディオンネット IoTパック(ファミリー)」が5200円、「エディオンネット IoTパック(マンション)」が3800円。家電の遠隔操作に必要な機器(1台)のレンタルは無償。

エディオン伊丹店(兵庫県)では、2月1日から「エディオンネット IoTパック」を体験・体感できる売場を設置。タブレット端末を使ってエアコンや照明器具のオン/オフといった遠隔操作を実際に体験できる。また今後、同様の売り場を導入する店舗を順次拡大していく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます