中村 中 中村 中

歌に舞台と多岐に活躍するシンガーソングライター中村 中が、デビュー10周年を締め括るワンマンライブ『天晴れ!我は天の邪鬼なり』を5月におこなう。バンドスタイルのステージになるが、まずは、昨年おこなった10周年ツアー『TOUR2016十の指』から話を訊いた。

【チケット情報はこちら】

「感謝の気持ちを込めたツアーにしよう」と企画された『十の指』は、デビューの頃よく弾いていたピアノ演奏が中心に。ベースとドラムを入れたピアノトリオをイメージしたというが、やってみると意外な発見につながったという。

「静かに聴かせるように思ってたんですけど、ピアノを弾く私はバンドメンバーのほうを向いているので、自然とコンタクトをとったり、カッコいいアドリブで競い合ったり、どんどんエネルギーが膨らんでいくような演奏になったんです。最初はお客様のほうを向いてなくてもいいのかなとも思ったんですけど(笑)、ステージの上で私たちがエネルギーの塊になれば、ちゃんと受け取ってくださるんだなって」と振り返った。

得たものが大きく、評判もよかったことから、3月から『TOUR2017十の指ふたたび』をスタートする。今回は、デビュー以来の音楽仲間で、中島みゆきの『夜会』でも共演した石田 匠をゲストに迎え、ふたりでライブをおこなう。

「声を合わせるっていうのはすごく快感で、私は誰かと歌うのがなにより好き。例えばこっちに元気がなくても、一緒に歌っているうちに気持ちが上向きになったり。そんな気持ちを味わってもらえるように、ハーモニー重視のライブになると思います」と明かした。

そして、『天晴れ!我は天の邪鬼なり』は、「『十の指』とはまったく違う気持ちで準備をしている」と語る。気楽に楽しめるライブとなった『十の指』とは真逆のものになるようだ。

「もがいたり、あがいたり、じたばたする私の姿をお見せするのが、私のファンでいてくれる人たちには、一番の感謝ではないかと思うんです。このライブでは喜怒哀楽のすべてを出しきって、ステージの上で生ききる、そういうライブにしたいです」と語った。

アニバーサリーイヤーの締めくくりは、彼女の魅力のひとつでもある、身を削るようなステージ。それにはこんな理由もあった。

「私はライブをしてるのに『女優だね』とか言われるんです。逆に演劇では『アーティストだね』って。本気でやると演技、演技でやると本気って言われているようで、すごく嫌だった。でも、逆に見ると、つかみどころがないともいえるのかなと。“追いかけたら逃げちゃう”のが、私のやりたいエンターテインメントだから、だったらいままで通りやっちゃおうと。天邪鬼に」。

『天晴れ!我は天の邪鬼なり』は、5月20日(土)東京国際フォーラムホールCにて。チケット発売中。

取材・文:門 宏

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます