0a287e186211bceff132adb02e0954be_s

なかなか片付けない子どもや、散らかりっぱなしの子供部屋を見ると、ママとしては「片付けなさい!」と言わずにいられないもの。

身の回りが整理整頓できていないと、忘れ物につながったり、勉強に集中できなくなったりしてしまいます。

反対に、子どもが自分自身で片付けられるようになると、部屋がきれいになるだけでなく、決断力やまとめる力、継続力などを身につけることもできるといいます。

今回は『学校では教えてくれない大切なこと(1) 整理整頓』の中から、子供部屋の片付けのポイントをご紹介します。お子さんへのアドバイスに活用してみてください。

10_11

まずは「いるもの」「いらないもの」に分けよう!

22_23

片付けは、まず「いるもの」「いらないもの」に分けるところから始めるのがポイント。自分の引き出しや、棚の大きさの中に収まる量だけを「いるもの」として残しましょう。

「いらないもの」は、例えば、使い終わったノートや文房具、古いプリント、読まない本、サイズが小さい服、遊ばなくなったおもちゃなど。

思い切って処分したり、周りに必要な人がいれば譲ったりしましょう。

すぐに決められないものはいったん置いておき、次の片付けのときに考えればOK。

ものをしまう場所を決めよう

片付けるといっても、本棚や引き出しにどんどん詰め込んでしまうのはNG。いざ使おうと思った時に、どこに何があるのかわからなくなってしまいます。

勉強で使う教科書やノート、文房具、ランドセルなどは机に、本や雑誌は本棚・・・というように、目的によって分けて収納しましょう。

遊び道具やゲームソフトなどは、それぞれ分けて箱に入れておくとゴチャゴチャしません。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます