退場間際、リポーターの質問に応じたベッキー

 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」新CM発表会が2日、東京都内で行われ、CMキャラクターに起用されたタレントのベッキーが登壇した。

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫騒動を受け、一時は活動休止していたベッキーだが、最近ではタレント活動も徐々に再開。今回は、復帰後初となる“映像出演”のCMとなり、心境を問われたベッキーは「本当にありがたい。CMのストーリーもとてもすてきで、いまだに奇跡だなと思っています。毎日感謝しています。本当にうれしいです」とあふれる喜びを口にした。

 女性の新生活の始まりをイメージしたこのCMで、ベッキーはシンデレラとしてかぼちゃの馬車に乗り、まだ見ぬ新天地を目指す様子を表現している。

 この日、CMで着用した「中世をイメージした衣装」を再び披露したベッキーは「今回オリジナルで作っていただいた。これから頑張っていくんだ!という女性です。(ドレスのコンセプトは)すごくキラキラというわけでもなく、これから…という感じですね」と自身の気持ちと重ね合わせ、「とても壮大な物語に仕上がっているので、たくさんの人に見ていただきたい」とアピール。

 途中、馬車を自ら押して進む過酷なシーンもあるが、撮影前には「どういう角度で押すのがいいのかな…と、家で壁を押しながらちょっとした予習もしました」と“役作り”も明かし、来場した取材陣に「ワイドショーとかは時間がないと思うんですが、できるだけ(CM紹介を)長く流していただければ。情報番組さん、よろしくお願いします!」と笑顔で呼び掛けた。

 最後にCM内容にちなんで、新たなチャレンジをする人に向けてアドバイスを求められたベッキーは「大変なこともあると思うのですが、“夢をかなえるんだ”という強い気持ちを持って進んでほしい。絶対に手を差し伸べてくれる方がいるので、感謝を忘れずに前進してください」とコメント。自身の今年の抱負については「たくさんお仕事をしたいですね。ありがたいことにCMやお芝居、ファッションなどいろいろなお仕事をさせていただいています。欲張りなのでいろんな仕事をしたいです」と言葉に力を込めた。

 退場間際には、リポーターから「王子様は来ましたか?」とシンデレラにちなんだ質問も飛んだが、ベッキーは「まだです」ときっぱり。「今年は(調子は)どうですか?」という問い掛けには「分からないです。まずはお仕事から頑張ります」と決意をにじませ、会場を後にした。

 新CM「旅立ち」篇は3日からオンエア。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます