受賞の喜びを語る高畑充希

 日本映画テレビプロデューサー協会による「2017年 第41回エランドール賞」授賞式が2日、東京都内で行われ、新人賞を受賞した高畑充希、坂口健太郎、ディーン・フジオカ、波瑠、星野源、広瀬すずが登壇した。

 昨年、朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主人公・小橋常子役を演じ知名度を一気に高めた高畑は、トロフィーを受け取り「こんなすてきな賞をありがとうございます」と喜びのスピーチ。

 続けて「去年の今ごろは『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の撮影中にちょうど(共演の)有村架純ちゃんが、この授賞式に向かうのを、親戚のおばちゃんみたいな気持ちで『行ってらっしゃい!』と送り出していたので、きょうこの場に自分が立っているのがうれしくて不思議な気持ちでいっぱい」と心境を吐露した。

 改めて「出会うべきタイミングで、出会いたかった役にたくさん出会えた、嵐のような夢のような1年でした」と昨年を振り返り「これからもすてきな役にたくさん出会えるようにアンテナを立てて頑張っていきたいと思います」と気持ちを新たにした。

 そんな高畑を祝福すべく、「とと姉ちゃん」で小橋常子の運命のパートナー、花山伊佐次を演じた唐沢寿明も登壇。

 「君に花束を渡せるのは僕しかいない!」とキザな言葉で冗談めかすと、改めて高畑を「いろいろ活躍されて僕もすごくうれしく思っております」と祝福。

 真面目なトーンに切り替え「これから先、本当にいいことも悪いことも…正直言うと悪いことのほうが多いと思うけど、それを持ち前の明るさで吹っ飛ばしてもらいたい。見てくれている方々に笑いや涙や感動を与え続ける、そういう女優になってください」と先輩としてエールを送り、「私も親戚のおじさんのような気持ちです」とほほ笑んだ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます