JVCケンウッド、身につけるビデオカメラ「スポーツカム ADIXXION GC-XA1」、四つのタフネス性能を搭載

2012.6.28 19:35配信
GC-XA1

JVCケンウッドは、小型・軽量ボディに防水、耐衝撃、防塵、耐低温の四つのタフネス性能を備えたフルHD対応のウェアラブルビデオカメラ「スポーツカム ADIXXION(アディクション) GC-XA1」を、7月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

動画撮影時の有効画素数が41万~207万画素、静止画撮影時の有効画素数が504万画素のCMOSセンサ、デジタル5倍ズームレンズを搭載。CMOSセンサ独特のローリングシャッター現象(歪み)を軽減する「D.I.S.(デジタル式手ブレ補正)」機能で、動画撮影時の手ブレを抑える。

小型・軽量のボディは、ゴーグルやヘルメットなど、スポーツギアに装着しても邪魔になりにくく、アクティブなスポーツシーンに対応できる。タフさを強調したポリゴン形状のデザインで、全体をラバー仕上げにすることで、細かなキズを気にすることなく使える。

本体にはIPX8相当の防水、厚さ5cmの合板上で2mからの落下テストをクリアする耐衝撃、IP6X相当の防塵、動作保証温度マイナス10~40°Cの耐低温という四つのタフネス性能「QUAD-PROOF」を備え、アクティブなシーンの撮影に対応する。

動画撮影は、フルHD1080p画質と有効対角度152°の広角撮影に対応。撮影者の目線から、スピード感や臨場感のある映像を高画質で記録できる。また、動画共有サイトへの投稿に便利な720p記録モードにも対応している。

IEEE802.11b/g準拠の無線LAN機能を搭載。スマートフォンとワイヤレス接続することで、カメラ側の画角を確認したり、記録映像をスマートフォンの画面でストリーミング再生したりできる。また、無線LANを使って撮影した映像や写真を、FacebookやYouTubeなどのSNSサイトへ直接アップロードできる。なお、スマートフォンとの連携には、無料の専用アプリ「Wi-Video」をインストールする必要がある。対応OSは、iOS 4.0以降、Android 2.2以降。

本体側面には1.5型カラー液晶を搭載。撮影時の画角や撮影後の映像確認ができる。側面と底面の2か所には、三脚穴を配置した。このほか、変化する長いシーンをインターバル記録して、短時間で再生する「タイムラプス撮影」機能を備える。

映像出力端子として、ミニHDMIポートを搭載。対応メディアはSDXC/SDHC/SDカード。サイズは幅74×高さ53×奥行き35mmで、重さは約104g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング