日本初演キャストの豪華競演も! 『エリザベート』ガラ・コンサート、キャスト発表

2012.6.28 18:51配信
『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』会見より 『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』会見より

ウィーン初演から今年で20年を迎えている大ヒットミュージカル『エリザベート』。現在も東宝ミュージカル版が上演中、10月にはウィーン版が来日、そして11月には宝塚OGが出演する『スペシャル ガラ・コンサート』と今年は3バージョンの『エリザベート』が日本で上演される。6月28日、都内にて『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』の制作発表会見が行われ、注目の出演者が発表された。トート役は一路真輝、姿月あさと、彩輝なお、春野寿美礼、紫苑ゆう。エリザベート役は花總まり、大鳥れい、白羽ゆり。会見には紫苑をのぞく7名のスターが出席した。

『エリザベート』は、オーストリア皇后エリザベートの数奇な人生を、トート(死)との愛憎を絡めて描き出す物語。日本でも様々な形態で上演されているが、日本初演は1996年の宝塚歌劇団雪組公演だった。今回のコンサートでは、トート役・一路真輝、エリザベート役・花總まりのほか、その初演に出演した高嶺ふぶき(フランツ役)、轟悠(ルキーニ役)、香寿たつき(ルドルフ役)、朱未知留(ゾフィー役)ら主要メンバーが顔を揃える。日本の『エリザベート』の歴史の第一歩を作ったスターたちの16年ぶりの競演は、まさにミュージカルファン必見の舞台だ。一路は「演出の小池先生を中心に雪組が一致団結して作った『エリザベート』が、16年たった今も、このように皆さまに愛されているということを感謝したい。あの当時のメンバーがほとんど集まるということに興奮しています」と公演への期待を話す。花總も「あの初演のメンバーがこんなに集まるなんて、まだ感動の渦の中にいます。初演は無我夢中、姿月さんとご一緒した宙組公演の時は再演のプレッシャーで苦しみましたが、今度は変に肩の力が入ることなく、作品と向き合えるんじゃないかなと思います」と語った。

初演メンバー以外にも、計7回上演された宝塚版『エリザベート』に出演した歴代スターが名を連ねる。姿月は「夢のような時間を過ごせるのかなと楽しみにしています」、彩輝は「渾身の思いをこめて、楽しみ半分、緊張感半分で取り組みたい」、春野は「当時の気持ちを思い返すことも楽しみながらやりたい」とそれぞれ挨拶。そのほかのキャストも豪華で、ルキーニ役の湖月わたる、ルドルフ役の香寿たつき、朝海ひかるなど、トップスター経験者が計14名出演。またトート役に、宝塚退団後は自身のディナーショーなどのほかは表舞台から離れている紫苑ゆうが特別出演するのも注目だ。初演から『エリザベート』の演出を務めている小池修一郎も「皆さん、だてに人生経験を積んだり、舞台の仕事を重ねてきてらっしゃるわけではない(笑)。今、女優として最も働き盛りでもあります。宝塚の現役時代より円熟したものを見せてくださると思います」と期待を寄せていた。

公演は11月6日(火)から21日(水)まで東京・東急シアターオーブ、11月25日(日)から12月3日(月)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて開催される。チケットは10月8日(月・祝)に一般発売開始。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング