ヒロインを演じた土屋太鳳

 映画『PとJK』のセレモニー&舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の亀梨和也、土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾(関西ジャニーズjr.)、村上淳、大政絢、廣木隆一監督が登壇した。

 本作は、『別冊フレンド』に連載中の三次マキ氏による人気少女漫画を映画化。仕事に真面目な警察官・功太(亀梨)と、ピュアで真っすぐな女子高生のカコ(土屋)が織り成すキュートな恋愛模様を描く。

 普段から「セクシーでスマート」と評されることの多い亀梨だが、意外にも本格的な恋愛映画はこれが初めて。今回は真面目な役どころとあり「自分の(普段の)イメージの部分が漏れ出ないように気を付けました」と振り返った。

 「どういうふうに?」と具体的に問われると「やっぱり、セクシーは常に出てしまいがちなので…。その辺は廣木監督の指示の下、しっかり抑えてやらせていただきました」とちゃめっ気たっぷりに答えて、笑いを誘った。

 そんな亀梨と共演した感想を問われた土屋は「クールでいらっしゃるかと思いきや、すごく面白い部分を持たれていて、行動とか身のこなしもとてもレディーファーストなんです」とコメント。

 これを聞いた亀梨が「ちょっと(いいところが)出ちゃってた?」と冗談めかすと、土屋は「分からないですけど」とはにかみながらも「私が気付いていない間にもすごく気を使ってくださったので、大人の男性の方ってすごいんだなって思いました。王子様に出会うってこういう感じなのかな、カコちゃんはうらやましいなと思って撮影していました」とうっとりしながら語った。

 映画の冒頭で結婚する2人。トークの途中、土屋の乱れた髪を亀梨が直す一幕もあった。客席からの「キャー」という悲鳴に亀梨は「新婚なので」とニヤリ。

 劇中で描かれた新婚生活についても「なかなかリアルです。男が一人で生活していたところに、カコちゃんというキラキラした女性が入ってきて、功太くんも照れる部分もあったり、幸せを感じたりと。とにかくカコちゃんがキラキラしています」と語った。

 映画は3月25日から全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます