©︎2017 Disney. All Rights Reserved. 撮影/つるたま

2017年3月10日(金)公開のディズニー長編アニメーション最新作『モアナと伝説の海』。

監督は『リトル・マーメイド』や『アラジン』など数々の名作を生み出してきたコンビ、ジョン・マスカー&ロン・クレメンツです。

ウレぴあ総研ディズニー特集では、来日したお二人にインタビューを行いました。

2000年前の物語をCGで描いた理由

©︎2017 Disney. All Rights Reserved.

最後のフルセル画となった『リトル・マーメイド』でディズニー長編アニメーションの黄金期を復活させ、『プリンセスと魔法のキス』では2Dアニメーションを復活させたジョン・マスカーとロン・クレメンツ。

輝かしい経歴を誇るコンビが5年の制作期間をかけて作った『モアナと伝説の海』は、彼らにとって初のフルCGアニメーションとなりました。

CGという最新技術をフルに使った初の作品の舞台は「2000年前の南太平洋」。

なぜ“古い”物語に最新のCGを使おうとしたのでしょうか。

ジョン・マスカー監督とロン・クレメンツ監督に直接伺いました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます