アニメ化決定!告知ビジュアル ©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

『マンガ家さんとアシスタントさんと』『ドージンワーク』などで知られる漫画家・ヒロユキが、「別冊少年マガジン」で連載中のマンガ『アホガール』のアニメ化が発表されました。

放送時期は2017年夏を予定しており、発表にあわせて公式サイト・公式Twitterが開設されています。 

 

『アホガール』は空前絶後の超絶怒涛の残念女子高生(アホの子)である主人公・花畑よしこを主人公に、よしこと幼馴染である常識的な男子高校生・阿久津 明、本作の良心の権化であり心優しい美少女・隅野 さやか、ストーカー気質の変態Gカップ女子高生・風紀委員長など、個性的なメンバーが繰り広げるハッピーで楽しくエキサイティングな日常を描く作品。

アニメ化の発表にあわせて原作者であるヒロユキさんのTwitterでは描き下ろし告知イラストが公開され、自身にとって3度目となるアニメ化に「空前絶後のアホ娘がテレビでも暴れまわる!!! 」「マンガもアニメに負けないように頑張ります!!!」とコメントしています。

フィギュアとアニメが大好きなオタク系ライター。「ねとらぼ」や「INSIDE」など、ウェブメディアを中心に活動中。好きなキャラは「初音ミク」。夢はコミケにサークル参加すること。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます