左:寺島しのぶ 右:市川海老蔵 左:寺島しのぶ 右:市川海老蔵

「六本木歌舞伎」の第2弾となる「座頭市」(脚本:リリー・フランキー/演出:三池崇史)が、2月4日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて開幕。3日のゲネプロ後におこなわれた囲み取材に主演の市川海老蔵と寺島しのぶが登場し、本作について語った。

六本木歌舞伎 チケット情報

ふたりが舞台共演するのは22年ぶり。ゲネプロを終えた海老蔵は「しのぶさんは音羽屋(尾上菊五郎)さんのお嬢さまですから、いろんな意味で感慨深い。歌舞伎という名目の舞台の上で、お姉さんが白塗りをして歌舞伎役者のように演じているのを見ていると、もし男だったらとか、この後どうなっていくんだろうなとか、考えます」と感無量の様子。寺島も、「歌舞伎の要素をこんなにやらせていただいて、もう感謝ですよ。(歌舞伎のことを)好きだったんだなぁって思いますね」としみじみと語った。

舞台は六本木温泉宿場町。一見、江戸時代のように見えるセットには六本木ヒルズ、劇中にはダンスにラップ、台詞には時事ネタも散りばめられ、現代を取り入れたちょっとおかしな江戸の世。大衆演劇と歌舞伎をミックスさせたような、老若男女が楽しめ、気軽に観劇できる作品だ。

もちろん見どころはふんだん。代名詞ともいえる眼力を封じられて座頭市を演じる海老蔵は、圧倒的な太刀さばきで鮮やかな立ち回りを魅せる。江戸随一の花魁・薄霧と、盲目の少女・おすずの2役を演じる寺島は、花道を使った豪華絢爛な花魁道中や、2役の早替りなどを披露。そして、クライマックスは圧巻。三味線や鳴り物、拍子木が盛大に鳴り響く中、目をみはるような大仕掛けも待っている。

また、劇中にはふたりの濡れ場もあり、台詞はすべてアドリブ。「リリーさんが、お願いだから自分が書いたっていうふうにならないようにしてくれって言うんです」(しのぶ)、「でも、台本を読むと、ああいうようにしてほしいって書いてあるんですよ」(海老蔵)というふたり。回を追うごとに、やりとりがエスカレートしていきそうだ。

六本木歌舞伎「座頭市」は2月20日(月)まで上演。チケット発売中。

取材・文:門 宏

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます