イベントに登場した渡辺直美

 映画『ラ・ラ・ランド』の公開直前PRイベントが9日、東京都内で行われ、お笑い芸人の渡辺直美が登壇した。

 26日に開催される「第89回アカデミー賞」で最多13部門14ノミネートされているこの作品は、夢追い人の街ロサンゼルスを舞台に、売れないジャズピアニストのセブと女優志望のミアの恋の行方を描く。

 この日、ヒロインと同じ黄色い衣装を着用した渡辺は、「うれしいです。(サイズは)特注で作ってもらいました」とニッコリ。既に鑑賞した映画の感想については「最初から最後まで鳥肌が立ちっぱなし。一緒に踊りたくなっちゃいました」と明かし、主人公の2人についても「くそイケメンと超美女!」とドヤ顔で紹介した。

 渡辺といえば、本場のエンターテインメントを習得するべくニューヨーク留学を決行、先日もワールドツアーを成功させたばかりだが、夢を実現するための方法としては「ノートに目標を書き込むこと」を提案した。

 実際に渡辺が実践していたことだそうで、「ニューヨークに3カ月いると、何のために来たのか忘れちゃう。途中から遊び呆けたり、ご飯に行くだけの日々になったりしがちだけど、その時に『いつまでに英語を習得する』『アーティスト系の友だちを何人つくる』といった目標が書かれたノートを見直すと、本来の目的を思い出すんです。これで、実際に(目標の)半分ぐらいは実現できました」と説明。4月からニューヨーク留学が決定しているピースの綾部祐二に対しても、この方法を「いいよ」と勧めたそうで、「綾部さんは『本当?すぐやるわ!』って言ってました」とその反応も明かした。

 会場ではそんな渡辺のさらなる活躍を願い、男性振付師のANRI先生が劇中のダンスステップを指導することに。「ラ・ラ・ランド版、恋ダンスです」と説明するANRI先生に、渡辺は「(ブームに)乗っかるタイプなんですね…?」と突っ込みを入れつつも、わずか5分ほどの練習で動きを完璧にマスター。ANRI先生から「才能にあふれている」と絶賛された渡辺は、「今ので、恋に落ちたんでない?」と色目を使い、会場の笑いを誘っていた。

 映画は2月24日からロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます