ソニー、Wi-Fiとradiko.jp対応のデジタルフォトフレーム「DPF-WA700」など

2011.11.8 18:50配信
S-Frame DPF-WA700

ソニーは、Wi-Fiに対応し、7型のタッチパネル液晶を搭載したデジタルフォトフレーム「S-Frame DPF-WA700」を11月25日に、「S-Frame DPF-W700」を2012年1月27日に発売する。

2機種とも、画面にタッチしながら直感的に操作でき、写真を鮮やかに映し出す「クリアフォト液晶」を搭載。Wi-Fi(無線LAN)経由でインターネットに接続できる環境があれば、電子メールに添付された写真を自動で再生したり、ホームネットワークを介してPC内の写真を自動再生したりできる。このほか、「Facebook」やソニーの写真・動画共有サービス「Personal Space」にアップロードした写真の自動再生、オンライン天気予報サービス「AccuWeather.com」が提供する天気予報や気温の表示もできる。

本体にモノラルスピーカーを備えた上位モデル「DPF-W700」は、写真だけではなく、ホームネットワークを介したPC内の音楽ファイルの自動再生や、無料のIPサイマルラジオ「radiko.jp」でインターネットラジオを聞くことができる。また、動画再生機能で、AVCHD Ver.2.0(Progressive)60pで撮影した動画ファイルが再生できる。

約1GB(ユーザー使用可能容量約800MB)の内蔵メモリ、メモリースティック デュオスロット(PRO/PRO-HG含む)、SDHC/SDメモリカードスロットを搭載し、写真再生時は、ネットワークコンテンツ、内蔵メモリ、メモリーカード、USBメモリ、ホームネットワークの五つから再生したい保存場所を選ぶ。サイズと重さは、「DPF-WA700」が約幅200.0×高さ140.5×奥行き80.2mmで525g、「DPF-W700」は約幅201.0×高さ130.0×奥行き61.6mmで約425g。

カラーは、それぞれブラックとホワイトの2色。価格はオープンで、実勢価格は、「DPF-WA700」が2万円前後、「DPF-W700」が1万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング