【プロに聞く】自宅でできる!“ヘアカラー”を綺麗にキープする「簡単テクニック」4つ

2017.2.13 6:30

せっかく染めた綺麗なヘアカラー。少しでも綺麗に保ちたい…そんな希望を叶える、ヘアカラーを落ちにくくするとっておきの裏ワザをご紹介!

%e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

「綺麗に染めたヘアカラー。あっという間にどんどん色が抜けちゃう…」

こんな経験、誰しもありますよね。そんな時「染めたての色が長く保てればいいのに…」と思いませんか?

「そんなの無理!」と思った人。あるんですよ、そんなとっておきの方法が!

今回はヘアサロン『esTRIBE』オーナー下山覚さんに、染めたてのヘアカラーが綺麗に維持できる方法を教えていただきました。

染めたてのまさに今が勝負!

最初に知っていてほしいヘアカラーの注意点。それは、“ヘアカラー後、一週間のお手入れが最も重要”だということ。

美容室へ行ってプロの手でカラーをしてもらえば、綺麗なカラーが必ずしも持続できるというわけではないのです。

カラーをし終わった直後の髪は不安定な状態です。染めてから徐々に色は定着し、一週間ほどかけて完全に定着します。

ですから染めた後、色が定着するその間のケアが最も重要なのです。染めた直後の一週間のお手入れをしっかりするだけで、色持ちがぐっと変わってきます。

シャンプー選びに一工夫

綺麗なヘアカラーを持続するためには、シャンプー選びがポイントになってきます。

洗浄力の強い界面活性剤などの成分は、色落ちしやすくなるため、シャンプーはヘアカラー用を使いましょう。

ヘアカラー用のシャンプーは基本的に市販のシャンプー剤と比べて、洗う力が弱く作られています。

髪に優しく過度な色落ちを防いでくれるので、ヘアカラー後はこちらを使うようにしてください。

何を選べばいいのか分からない時は、弱酸性のシャンプーをおすすめします。

弱酸性のシャンプーがカラー後の髪に一番効果があり、ダメージの予防にも繋がってくれるのです。

熱いお湯はNG

次に、シャンプー時のお湯の温度にも注意してみてください。

ヘアカラーした髪は、ぬるま湯で洗うことが大切なんです。

ヘアカラーは熱に弱いので、熱いお湯ではなく38度くらいの少しぬるいくらいで洗った方が長持ちします。

また色落ちだけでなく、熱いお湯で髪を洗うとキューティクルもはがれやすくなってしまい、内部のタンパク質などが流れ出て、髪のダメージの原因にもつながってしまいます。

普段から少しぬるめのお湯で髪は洗うのがおすすめです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

「ダイエット&モテ動画」で愛され女子に♪

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント