11年ぶりに製作総指揮も。サミュエル・L・ジャクソン主演最新作が今秋公開決定

2012.6.29 15:3配信
『コンフィデンスマン/ある詐欺師の男』(C)2262730 Ontario Inc.

サミュエル・L・ジャクソンが主演だけでなく製作総指揮も務める最新作『コンフィデンスマン/ある詐欺師の男』が10月に日本公開されることが決定した。

その他の写真

『コンフィデンスマン…』は、親友を殺した罪で服役するも刑期をつとめあげてカタギになろうとしていた男フォリー(ジャクソン)が、殺してしまった親友の息子イーサンに“裏の仕事”を持ちかけられ、封印したはずの“天才詐欺師”としての才能を発揮したことから、予想もしなかった展開に巻き込まれていく姿を描く。

マフィア、家電修理店の店主、ジェダイの騎士、マーベル・コミックのスーパーヒーローを指揮する司令官……これまで数々の役を演じてきた名優ジャクソンが最新作で演じるのは“天才詐欺師”だ。本作で彼は、逃れることのできない過去を背負ったまま、新たな人生を踏み出そうとする男を演じている。ちなみに彼が映画で製作総指揮を務めるのは、2001年製作の『ケミカル51』以来11年ぶり。脚本に惚れこんだというジャクソンの気合いの入った演技に期待したい。

『コンフィデンスマン/ある詐欺師の男』
10月6日(土)より銀座シネパトスほか全国公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング