フランス映画の聖地での日本映画上映に、浅野忠信「大変うれしいこと」

2011.11.8 18:57配信
『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』場面写真(c)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンド

今年で設立25年目を迎えた映画製作・配給会社シグロの作品を一挙に紹介する特集上映が、パリの由緒ある劇場“シネマテーク・フランセーズ”にて現地時間11月2日(水)より開催されている。

インディーズ映画会社と映画プロデューサーに焦点を当てた本特集では、シネマテーク・フランセーズによって選定された『老人と海』、『ぐるりのこと。』、『ニセ札』、『ハッシュ!』などドキュメンタリーから劇映画を含む23作品が上映され、あまり観る機会のない日本映画が観られることから、現地では好評を得ているという。

フランス映画の象徴である“ヌーヴェル・ヴァーグ”の巨匠、フランソワ・トリュフォーやジャン=リュック・ゴダールたちも通いつめた映画の殿堂、シネマテーク・フランセーズで日本映画の特集が組まれることは異例であり、「(シグロ代表の)山上徹二郎が取り上げるのは、従来の映画から見放されている社会的カテゴリー・階級だ」という理由から、今回スポットが当たった。山上氏は「フランスではもともと日本映画に対する関心は高いが、特集上映が組まれたことに大変驚いている。この特集上映を“2011年の日本からの問いかけ”として受け取ってもらえたら、これに代わる喜びはない」と話している。

また、出品作『酔いがさめたら、家に帰ろう。』で主演を務めた浅野忠信や永作博美からは「この作品は紆余曲折がありながら撮影・完成したとても感慨深い作品なので、フランスの方々に観ていただくのは大変うれしいです」と喜びのコメントが届いており、同じく出品作『松ヶ根乱射事件』の山下敦弘監督も「監督である僕自身が丸裸にされた…、というのがシグロと一緒に映画を作った時の印象。これからも人間を、または社会を丸裸にする映画を作り続けてください」と祝福のコメントを寄せている。本特集は現地時間で今月23日(水)まで開催される予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング