左から、イ・ジフン、ソンジェ、イ・ゴンミョン 左から、イ・ジフン、ソンジェ、イ・ゴンミョン

韓国ミュージカル『「INTERVIEW」-お願い僕を助けて-』の制作発表会が2月7日、都内で行われ、ソンジェ(超新星)、イ・ジフン、イ・ゴンミョンが登壇した。

ミュージカル『INTERVIEW~お願い、僕を助けて~』チケット情報

同作は、2016年に超新星のユナク、ソンジェのWキャストで初演を飾り、その後の韓国公演で高い評価を得て、韓国ミュージカルアワーズの最優秀新人演出賞にも輝いた話題作。今年はイ・ジフンが新たに合流し、トリプルキャストで3月1日(水)から5日(日)まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演される。

この日の会見にはファンクラブ会員も招待され、熱い声援に包まれながら、シンクレア役のソンジェ、イ・ジフンと、ユージン役のイ・ゴンミョンが登場。クロストークを繰り広げた。

ストーリーは、生き延びるために、愛という名のもと殺人に手を染めなければならなかった事件の真相を、5つの人格を持った多重人格障害の青年・シンクレアと心理学博士のユージンがインタビューで追求していくというもの。

昨年に続き、多重人格障害者を演じるソンジェは、作品について「子供のころ虐待を受けた少年が、なんとか生き残っていくために厳しく悲しい状況の中で生き抜いていく姿を描いていて、いろいろなメッセージを持っている作品です」と説明。

5つある人格のなかで最も演じるのが難しかったのは「ジミー」というキャラクターだと明かし「乱暴な人格で、大きな声で怒鳴るのが大変でした。役を掴むまでに時間がかかりました」と前回の公演を振り返った。

また、司会者から好きな場面について聞かれると「囚人服を着て座り、歌を歌うシーンが個人的に気に入っています」とソンジェ。「風邪気味で、コンディションがよくないですが…」と照れつつファンのために一節をアカペラで生披露し、会場を沸かせた。

本格的な稽古はこれから始まるそうで「上演まで約3週間残りましたが、(昨年の)京都公演を上回る公演になるように、ゴンミョンさん、ジフンさんと一生懸命準備していきたいと思います」と気合十分。

再演に向け「個人的にも愛情の深い作品になっています。内容的に見れば、楽しんで観るには少し重いストーリーですが、色んなことを感じさせ、考えさせてくれる作品です。“見てよかった”と思っていただけると確信しています」と強くアピールした。

また、別スケジュールで会見に出席できなかったユナクは、ビデオメッセージで「スケールの大きい俳優たちがいっぱい出演する素晴らしいミュージカルです。ぜひ見に来てください」とコメントを寄せた。

取材・文:轟友貴

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます