『恋の罪』女子限定イベントで川島なお美が“オンナ”を語る!

2011.11.8 18:54配信
『恋の罪』トークショーに登壇した川島なお美(右)と冨樫真(左)

『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』などを手がけ国内外で注目を集める園子温監督の最新作『恋の罪』。その公開に先駆けて8日(火)に女性限定試写会が行われ、主演の冨樫真とその友人でもある川島なお美によるトークショーが開催された。

その他の写真

本作は、渋谷区円山町のラブホテル街で実際に起きたエリート女性殺人事件にインスパイアされた園監督が、同様の事件に絡む3人の女性たちの生き様を描いたオリジナルストーリー。裏の顔を持つ女性助教授に冨樫真、貞淑な人妻に先頃園監督との婚約を発表した神楽坂恵、事件を捜査する刑事に水野美紀が扮し、欲望に溺れていく女性たちの姿を体当たりで演じている。

川島と冨樫は、3年前に舞台で共演したことからプライベートでも交流があるそうで、トークショーは親密な雰囲気で行われた。川島は、本作のオーディションを前にしていた冨樫に対して、「絶対受かる。作品の題材になっている謎めいた事件と、真ちゃんの持つミステリアスなイメージがぴったり」と助言していたそうで、出来上がった映画についても「主演の3人が恐ろしいほど輝いていて、女優として嫉妬するほど」と、終始絶賛。

さらに、劇中に登場する3人の女たちに共感できるか聞かれると、「女という生き物はどこか男性と違う部分がある。女性は子宮を持っていることで月の満ち欠けに支配されて不安定になったり、普段の自分とはまったく違うことをしてしまうこともある」と、女ならではの特質を説明。加えて、「女優はたがが外れるようなことを仕事としてできる。私も(演じるために)自分の中に別の女性がいたほうが安定するけど、女優ではなかったらどうなるか分からない」と心情を赤裸々に吐露し、場内を沸かせていた。

一方、大学助教授というエリートであるにも関わらず、夜は売春婦の顔を持つという美津子役に扮した冨樫は、「女のいろいろな面を垣間見られる映画だと思う。自分の欲望を剥き出しにして裸になった状態で観て欲しい」と、本作の見どころをアピールした。

本作は11月12日(土)より、テアトル新宿ほか全国公開する。

『恋の罪』
11月12日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング