イメージキャラクターに起用された斎藤工(左)と山本美月

 「松竹梅白壁蔵『澪』スパークリング清酒」の新イメージキャラクターに山本美月と斎藤工が起用された。山本は「普段からよく飲んでいて、友人たちと飲む時にも選ぶお酒なのでとてもうれしい」、斎藤は「とても光栄です。『澪』は爽快感のある商品なので、その世界観に寄り添えたらと思います」とそれぞれ喜びを語った。

 2人は今後、「澪」の商品特長である「お米うまれのほのかな甘みとほどよい酸味、爽やかな泡」というイメージのほか、商品の持つ上質な世界観と“澪パ(=澪でパーディーの略)”というワードをより幅広い層に向けてアピールしていく。

 また、味わいはそのままに桜やナデシコといった春の花や和のギフトに用いられる組みひもをあしらった「松竹梅白壁蔵『澪』スパークリング清酒」300mlと「松竹梅白壁蔵『澪』〈DRY〉スパークリング清酒」300mlの限定デザインボトルを3月7日から数量限定で新発売する。

 斎藤は早速「どちらも上品なスパークリングで飲みやすく、大勢の仲間たちと“澪パ”したくなりました」とキーワードで笑いを誘い、山本も「鍋と合わせたい。初めて『澪』を飲んだのがおうちで女子会をやった時だったので、みんなと盛り上がる場で飲むと楽しいと思います」と語った。

 山本が「お酒に詳しいわけではないんですけど、日本酒は好きでおいしく飲めます」と語ると、斎藤も「主に和食屋さんでたしなんだり、寝付けないときに飲んだりしています」と語るなど、共に日本酒が普段から身近な存在であるとした。

 さらに、さわやかな飲みくちがチョコレートにも合うことから、斎藤は「バレンタインデーには男性から女性へ『澪』を贈るといいのではないでしょうか。今度ぜひ試してみようと思います」と語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます