シャープ、電子書籍の配信ソリューション「book-in-the-box」を提供

2012.6.29 18:34配信
「book-in-the-box」

シャープは、6月29日に電子書籍の配信ソリューション「book-in-the-box」を発表した。スマートフォン、タブレット向けに展開している電子書店事業者に7月から提供する。

現在の電子書籍市場について通信システム事業本部 ネットワークサービス事業推進センターの辰巳剛司所長は、現在の電子書籍市場の状況について、「市場は拡大している。例えばXMDFフォーマットを採用している書店だけでも250店を超え、コンテンツ数も10万を超える。しかし、スマートフォンは各書店が提供しているビューアアプリをインストールしないと閲覧できないので、端末はビューアアプリだらけになってしまう」と説明した。

スマートフォンなどの携帯端末向けの電子書籍は、集英社が採用しているEPUB3やシャープが提唱しているXMDF、.book(ドットブック)など、さまざまなフォーマットがあり、電子書店事業者が独自にビューアアプリを提供しているのが実態だ。そのため、ユーザーが異なる書店サイトから購入した電子書籍を共通のソフトで閲覧・管理することができなかった。

「book-in-the-box」は、XMDF、.book、EPUB3に対応。ユーザーは電子書籍のフォーマットを気にせずに、一つのビューアアプリで異なる書店の電子書籍を閲覧できる。

電子書店事業者にとっては、これまで電子書籍の不正な複製などを防止する著作権管理(DRM)技術の開発が負担だったが、「book-in-the-box」は改ざん防止の強固な暗号化処理機能や閲覧期間の管理機能などを備え、DRM技術を開発することなくコンテンツを提供できる。すでに「白泉社e-コミックス」(キャラウェブ)が採用を予定している。

ビューアアプリは、7月4日にGoogle Playで無償提供を開始する。対応端末はAndroid 2.2以降のスマートフォンやタブレット。今後、対応フォーマットと対応端末を拡充していく。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング