『旧グッゲンハイム邸物語 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』 『旧グッゲンハイム邸物語 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』

兵庫県神戸市垂水区塩屋町。神戸の西にある海沿いの小さな町に、100年以上立ち続ける洋館「旧グッゲンハイム邸」。その歴史と未来を綴った1冊『旧グッゲンハイム邸物語 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』が3月15日(水)に発売される。著者は「旧グッゲンハイム邸」の管理人・森本アリ。大所帯ブラスバンド「三田村管打団?」などでも活躍するミュージシャンであると同時に、まちづくりに関する活動も積極的に行なっている、神戸のキーマンと呼ぶべきひとりだ。

『旧グッゲンハイム邸物語 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』発売情報

旧グッゲンハイム邸は、明治時代にドイツ系米国人貿易商ジャック・グッゲンハイムのために建てられた異人館。現在は貸しスペースとして様々なイベントが開催され、特に音楽ファンにとっては全国的に知られる場所だ。映画やドラマのロケで使われるなど、町のシンボルであると同時に、全国から人々が訪れる聖地でもある。そんな旧グッゲンハイム邸も、10年ほど前までは、震災や度重なる台風の影響で老朽化し、長らく空き家の状態が続いていた。そして、売却・解体の可能性もあったこの建物の危機を、文字通り私財をなげうって救ったのが森本家だった。そこからはじまるこの建物の再生は、やがて小さな町の姿も、いきいきとしたものに変えていく――。

映画『繕い裁つ人』や、NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』などにも登場した神戸を代表する洋館・旧グッゲンハイム邸の、知られざる歴史とまちづくりに関する現在進行形の物語。それは、都市開発が進む時代だからこそ、多くの人たちに響く、日々の暮らしにとって大切な物語とも言える。

帯の推薦文は脚本家の木皿泉が執筆、巻末には著者・森本アリとの対談企画として、音楽家/僧侶の二階堂和美、建築家の島田陽それぞれを収録。

『旧グッゲンハイム邸物語 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』
森本アリ・著
ぴあ 1500円+税
3月15日(水)発売
四六判 上製 256ページ
ISBN:978-4-8356-3812-6

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
関連記事