川口春奈(左)と山﨑賢人

 映画『一週間フレンズ。』の初日舞台あいさつ が18日、東京都内で行われ、出演者の川口春奈、山崎賢人、松尾太陽、戸次重幸ほかが登場した。

 本作は、毎週月曜日になると友達のことを忘れてしまう少女・藤宮香織(川口)と、彼女に引かれ、何度忘れられても思いを伝え続けるクラスメートの長谷祐樹(山崎)との恋物語を描く。

 公開初日を迎えた心境を「私たちが全力で真っすぐ向き合った大事な作品なので、うれしく思います」と語った川口は、本作を試写で見た時に、自身の出演作品を見て初めて涙を流したという。

 川口は「隣に事務所の社長さんがいたんですけど、2人で鼻水を垂らしながら泣いてしまって。純粋に本当にいい作品だなって思って。みんないい表情をしていて、きれいな世界観で、胸を張って皆さんに見てもらいたいなって思っちゃいました」と明かした。

 一方、山崎は演じた役について「とにかく真っすぐに全力でやるっていうのを考えながら、カッコ悪くても真っすぐにぶつかっていくというのを頑張りました」と語った。

 またイベントでは、公開を記念して、キャストたちに“卒業証書”ならぬ“公開記念証書”が授与される一幕も。川口と山崎は、本作のキーアイテムである“交換日記”にちなみ、お互いへの思いを公開記念証書に書き込み、交換した。

 山崎は川口に対して「現場ではいろいろありがとう。ユーモアたっぷりな春奈ちゃん最高!」と書き、メッセージを読み上げた。

 川口も山崎に対し「あなたの長谷くんにいっぱい助けられました。本当にありがとう。人としても役者としても真っすぐで、全力でうそがない賢人さんが大好きです」と書いたメッセージを読み上げ、証書を交換すると、2人は熱い握手を交わした。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます