©Disney

2017年1月11日に香港ディズニーランド・リゾートにオープンした、「アイアンマン・エクスペリエンス」。

このアトラクションを手掛けた、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングのクリエイティブ・ディレクター、テッド・ロブレドさんに、「アイアンマン・エクスペリエンス」についてのインタビューを行いましたのでレポートします!

©Disney

香港こそアイアンマンにぴったりの街!

——なぜ、香港ディズニーランド・リゾートに「アイアンマン・エクスペリエンス」を作ることになったのですか?

テッド・ロブレド「マーベルのヒーローたちは、リアルな世界に住んでいるよね。

トニー・スタークはカリフォルニアに住んでいるし、ニューヨークにはスターク・タワーもある。

香港には、山や海、シティなど、景色や土地に多様性がある場所なので、このアドベンチャーを語るのに、ぴったりだと思ったんだ」

確かに、マーベルヒーローの魅力のひとつに、現実世界にも存在する場所に住んでいる、という点がありますよね。

「アイアンマン・エクスペリエンス」のアトラクションの入り口に、ニューヨークと香港にあるスターク・タワーの場所を示す世界地図がありますので、チェックしてみてください!

——香港の街や、そこからほど近い香港ディズニーランド・リゾートの特徴が、とてもよく活かされたアトラクションですが、どんなところからアイディアが生まれたのですか?
 
また、実際に香港で撮影されたシーンはありますか?

テッド・ロブレド「インスピレーションはもちろん、コミックからだけど、トニーが発明家であり、トニーの父親ハワード・スタークも世界中を飛び回る発明家(テクノロジスト)であるように、世界中の人々が集まる香港、そして香港ディズニーランドのトゥモローランドも、テクノロジーをテーマにしていたりするので、スターク・エクスポとのコンビネーションが、パーフェクトだと思ったんだ。

香港の上空にヘリコプターを飛ばして、実際に撮影したシーンもたくさんある。

ヴィクトリア・ハーバーなどの美しい景色を見ることができるんだ。

CGと、実写映像を、組み合わせて作られているからね、しっかり目を開けて、見て、楽しめるだけ楽しんでほしい」

香港という場所は、さまざまな面で、『アイアンマン』のアトラクションが出来るのに、最適な場所だったのですね。

実際に「アイアンマン・エクスペリエンス」に乗ってみて、香港ディズニーランド・リゾートから、香港の中心街まで、空を飛んでいく感覚は、まさにこの「アイアンマン・エクスペリエンス」でしか体感できないものだと思いました!

海も山も、シティビューも美しい、香港の絶景にぜひ注目してみてくださいね。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます