ジャングル、セキュリティ対策ソフト「G Data 2013」シリーズ、オンラインバンキングやSNSを狙った攻撃も99%検出

2012.7.2 13:25配信
左から「G Data アンチウイルス 2013」「G Data インターネットセキュリティ 2013」「G Data トータルプロテクション 2013」

ジャングルは、G Data Softwareのアンチウイルスソフトと統合セキュリティソフトの最新版「G Data 2013」シリーズを、7月6日に発売する。ラインアップは、「G Data アンチウイルス 2013」「G Data インターネットセキュリティ 2013」「G Data トータルプロテクション 2013」の3種類で、それぞれダウンロード版とパッケージ版がある。オンラインショップ「G Dataストア」では、現在キャンペーン特価で提供している。

「G Data 2013」シリーズは、新たにオンラインバンキングのデータ送信内容やSNSなどのログイン情報などを盗みだそうとするマルウェア「MITB(Man-In-The-Browser attacks)」の活動を瞬時に阻止する「Bank Guard」を搭載した。

「G Data アンチウイルス 2013」は、2種類の異なるウイルススキャンエンジンを備え、さらに論理的検出方法である「ヒューリスティックスキャン」「ふるまい検知」、クラウド技術を活用した「アウトブレイクシールド」「ファイルクラウド」を多重に組み合わせることで、既知のウイルスだけでなく、未知のウイルスにも対応する。

また、ホワイトリスト方式でスキャンの不要なファイルをスキップし、ユーザーがPCを操作していない間だけスキャンする「アイドリングスキャン」によって、PCを快適に使うことができる。

Android搭載端末に対応するマルウェア対策アプリ「G Data モバイルセキュリティ」を、購入ライセンス台数分まで無料で利用できる。ダウンロード版の価格は、「G Data アンチウイルス 2013 1年3台」が2980円、「2年3台」が4480円、「3年3台」が5980円。パッケージ版の「G Data アンチウイルス 2013 2年2台」の価格はオープンで、オンラインショップ「G Dataストア」での価格(キャンペーン特価)は2529円。

「G Data インターネットセキュリティ 2013」は、「G Data アンチウイルス 2013」の機能に加え、外部からの不正侵入を防御するファイアウォールと、有害ウェブサイトの閲覧を防ぐフィルタリング機能を搭載する。

ダウンロード版の価格は、「G Data インターネットセキュリティ 2013 1年1台」が2980円、「2年1台」が4480円、「3年1台」が5980円、「1年3台」が3480円、「2年3台」が5280円、「3年3台」が6980円、「1年5台」が9980円、「1年10台」が1万7360円。

パッケージ版の価格はオープンで、オンラインショップ「G Dataストア」での価格は、「G Data インターネットセキュリティ 2013 1年1台」が3380円、「1年1台 ダブルパック」が4230円、「3年1台」が5930円。

「G Data トータルプロテクション 2013」は、「G Data アンチウイルス 2013」と「G Data インターネットセキュリティ 2013」の機能に加えて、「フルバックアップ」「ファイルバックアップ」「チューニング」「データセーフ」「クローンドライブ作成」「仮想ドライブ作成」「デフラグ」機能など、PCの総合管理機能を備える。

ダウンロード版の価格は、「G Data トータルプロテクション 2013 1年1台」が3980円、「2年1台」が5480円、「3年1台」が6980円。パッケージ版の「G Data トータルプロテクション 2013 1年1台」の価格はオープンで、オンラインショップ「G Dataストア」での価格(キャンペーン特価)は4230円。

対応OSはWindows 7(32/64ビット)/Vista(32/64ビット)/XP(SP2以降)で、Windows 8への対応も予定している。また、ライセンス有効期間中に次期バージョンが発売になった場合はアップデートできる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング