「好き」という言葉ははっきり伝えていないのに、男性を夢中にさせて翻弄させてしまう思わせぶりの女たち。自分に気があるのかな? と見せかけて相手を惑わし、どんどん男性を虜にしていきます。できることなら、あなたもそんな「思わせぶりの女」になってみたいと思いませんか?

そこでここでは、思わず男性が落ちてしまう、使ってトクする思わせぶりな言葉と、思わせぶりをどんどんしたほうがいい3つの理由をご紹介します。

使ってトクする思わせぶりな台詞・4選

まずは、思わせぶりな言葉を、初級、中級、上級、そして番外編の4つでみていきましょう。恋の駆け引きになれていない女性は、初級の台詞から順番に実践して使ってみてくださいね。

初級者:「今度○○君とご飯食べに行きたい~!」

もっともカジュアルに異性を戸惑わせる台詞がこちら。ポイントは「○○君と」と相手の名前を入れること!「今度ご飯でも食べにいきましょう」と言うよりも、「○○君とご飯を食べにいきたいです!」と伝えたほうが、コイツは俺とご飯を食べにいきたいのか……と相手を勘違いさせやすいやすいのです。

実際はタダ飯が食べたいだけでも、回数を重ねるごとに男性は自分とデートがしたいのだと勘違いしていきます。どんどん思わせぶりをして使っていきましょう。

中級編:「○○君の声が聞きたくて、電話しちゃった!」

寝る前の隙間時間に、唐突に電話をするのも思わせぶり女子のテクニックのひとつ。男性にとって、「声が聞きたくなっちゃった」は「あなたのことが好きなの」と同義である可能性が高いので、相手を上手に勘違いさせることができるでしょう。

実際は暇つぶしに電話をしているだけであっても、ひとりでいる時間を狙って唐突に電話をかけることで、相手の気を引くことができるでしょう。この台詞は、しばらく連絡をとっていなかった異性に使っても効果的です。「どうしていきなり電話くれたの?」と聞かれたら「なんだか久しぶりに○○君の声が聞きたくなっちゃった」と可愛く伝えてくださいね。

上級編:「○○君の家に行ってみたいなぁ」

友達以上恋人未満の相手には、ぐいぐいと迫るのもありです。なかでも「○○君の家に行ってみたいなぁ」は、相手の下心に踏み込む驚異のモテフレーズです。

実際に家に出向いて手を出されて嫌な場合は、「ごめんね、そんなつもりはなかったの……」と目を潤ませて使えば許してくれるでしょう。「○○君の部屋がどういう雰囲気なのか興味があるなぁ」と伝えれば、かなりの高確率で男性は部屋に誘ってくるでしょう。

番外編:「○○君みたいな人と付き合えたら幸せだろうなぁ」

付き合いたくはないけれどキープしたいという相手には「○○君の彼女は幸せだろうなぁ」「○○君みたいな人と付き合ったら楽しそうだなぁ」と、恋人同士であることをイメージさせた言葉を発するようにしましょう。

大事なことは、肉食系男子ではなく草食系男子を相手に使うこと。肉食系男子であれば「なんなら、俺と付き合っちゃう?」と言ってくる場合があるので、後々面倒なことになります。上手に利用して草食系男子たちを夢中にさせましょう。

また、告白してくることがあれば「ごめんね、いい人だけどまだ友達にしか見れなくて……」「一緒にいると落ち着くけど、恋愛かどうかって聞かれたらまだわからなくて……」と言葉を濁せばOKです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます