iVIS HF R82、iVIS HF R800

キヤノンは2月23日、撮影中にスローモーション/ファストモーションへ切り替えられる新機能「区間スロー&ファスト」を搭載したデジタルビデオカメラ「iVIS HF R82」と「iVIS HF R800」をキヤノンオンラインショップで発売した。

税別価格は、32GBの内蔵メモリを搭載した「iVIS HF R82」が4万5880円、内蔵メモリなし・無線LAN非対応の「iVIS HF R800」が2万7760円。

光学32倍ズームレンズと、暗いシーンでもノイズを抑えて撮影できる映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 4」を搭載し、解像感を保ちつつ最大57倍のズームが可能な「アドバンストズーム」によって、広角から望遠まで高画質に撮影できる。

撮影状況に応じて自動で最適な手ブレ補正効果が得られる「マルチシーンIS」を搭載し、「マルチシーンIS」のうち、歩きながら撮影する際の手ブレを補正する「ダイナミックモード」では、回転軸・水平回転軸・縦回転軸・上下・左右の5軸方向でブレを補正し、画像の揺れやゆがみを軽減する。

さらに、撮影中の任意のタイミングで、ワンタッチで特定の部分を2分の1倍速や2倍速に切り替えられる「区間スロー&ファスト」機能を新たに搭載。運動会の徒競争やサッカーのゴールシーンなどをスローで撮影すれば、簡単に印象的な映像作品に仕上げられる。

また、事前に設定して撮影する「スロー&ファーストモーション」機能には、従来機種の120倍速と1200倍速に加えて、300倍速と600倍速を追加した。対応メディアはSDXC/SDHC/SDカード。サイズは幅53×高さ58×奥行き116mm。

「iVIS HF R82」は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を搭載し、同社製デジカメ同様、専用アプリ「Camera Connect」に対応する。カラーはブラックで、、重さは約310g。「iVIS HF R800」は、無線LAN・NFCに対応しない。カラーはホワイトで、重さは約305g。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます