John-Hoon、新作映画の舞台挨拶に登場! あまりの人気ぶりに共演者もタジタジ!?

2012.7.2 15:22配信
John-Hoon 撮影:イシイノブミ John-Hoon 撮影:イシイノブミ

映画『RUN60-GAME OVER-』のプレミア試写会&スペシャルイベントが6月29日、品川ステラボールで行われ、韓国出身のソロ歌手・John-Hoonと、新人ボーイズ・グループ、CROSS GENEのTAKUYAら出演者が登壇した。

『RUN60-GAME OVER-』チケット情報

同作は、闇の組織“RUN”と同組織が仕掛けたゲームの駒として走ることを余儀なくされたランナーが繰り広げるスリリングなサスペンス・アクション映画。2011年6月に公開された映画『RUN60』と、今年の4月から全3章で放送されたドラマ版を特別編集し、未公開のアナザー・エンディングが加えられた。

観客席後方から主演の桐山漣をはじめ、柄本佑や田中美保など次々と豪華出演者が登壇していく中、John-Hoonが姿を現すと同時に、ひと際大きな歓声が上がった。司会者から質問される度に歓声を浴びたJohn-Hoonは、繰り返しファンに手を振り、声援に応えた。出演について聞かれると、「日本の映画に出演することができてうれしいです。初めて日本語の演技に挑戦したのですが、撮影してみて本当に難しいと感じましたし、まだまだだなと思いました。初めての悪役も難しかったです。日本語の演技はこれからですね」と語った。また、John-Hoonの一挙手一投足に大きな歓声が上がることから、共演者もその人気ぶりに感心した模様で、John-Hoonの次に話を振られた木村了は、「John-Hoonさん本当にすごいですね。なんで僕がJohn-Hoonさんの次なんだろう」と切り出し、笑いを誘った。

日中韓の3か国のメンバーからなるCROSS GENEのTAKUYAは、大声援を受ける先輩に、トークで応戦。司会者からメンバー間で話す時の言語を問われ、「普段は韓国語で話しているのですが、たまに“CROSS GENE語”で話します。例えば、タットリタンという料理は『辛いチキン』と呼んだり、アンドンチムタクという料理は『辛くないチキン』と呼んだりしています」と答え、その際、観客が静かに聞き入っていたことから「そんなに真剣に聞くことじゃないです」とツッコミを入れ、会場を沸かせた。

トークセッション終了後は、映画の主題歌を歌っているSEAMOと挿入歌を担当したJohn-Hoonのスペシャルライブが開催された。SEAMOは主題歌を含む3曲を熱唱し、トリにJohn-Hoonが登場すると場内の熱気は最高潮に。John-Hoonは、今年の5月にリリースしたカバー・アルバムから、中島美嘉の『ORION』を披露。気持ちを込めて丁寧に歌い上げ、会場を魅了した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング