イベントに登場した(左から)山本博、秋山竜次、馬場裕之

 化粧品メーカー・コーセーの「ESPRIQUE presents JET STAGE」先行取材会が23日、東京都内で行われ、ゲストとしてお笑いトリオのロバート(山本博、秋山竜次、馬場裕之)が登壇した。

 この日、3人はブラックのスーツ姿で登場。リーゼントヘアでキメた秋山は、「イメージは木村拓哉さん。メークしてもらう時に木村さんの写真を横に置いて、それをベースにやってもらいました」と豪語したが、すかさず山本と馬場から「全然(本人と)違う!」と突っ込まれていた。

 そんな秋山だったが、化粧品イベントに呼ばれたのは「これが初めて」といい「やっぱりこのロバートが(周囲から)絶大なる支持を得ているということ。華やかさがあるんじゃないでしょうか?」とニヤリ。

 雑誌の企画などで、架空の人物に成り切る“憑依(ひょうい)芸”が話題となっているが「最近では女装したりすることも多いので、お化粧にも詳しくなっちゃって。このメークはノリがいいとか、このパンストははきやすいとか、女性の気持ちが分かるようになりました」と笑わせた。

 一方でイベント中に“最も高い女子力”を見せつけたのが馬場だった。“知的フェミニンメーク”を施した女性モデルを前にして「眉が大人っぽいのに唇がふっくらしてキュート。そのギャップがいい」と的確なコメントをしたり、新発売のファンデーションについて「持ち運びが簡単」「フワっとしているタイプのファンデなのに、ちゃんと毛穴が隠れるのが素晴らしい」などと“女性目線”で解説。これには秋山も「最近、こいつおかしいんです…」とボヤき始めた。

 イベント後、改めて報道陣から“女子力の高さ”を指摘された馬場は「僕、美容系とかが好きなんです。永久脱毛もしているので、脇と足もツルツルなんです」と説明した。そんな馬場の変化が気になる様子の秋山は「お風呂のロケとかも、僕ら腰に(タオルを)巻くけど、こいつはとうとうこっち(胸元)を巻くようになったんです」と暴露。「毛を無くすと自然とトップを隠したくなるんです」と釈明する馬場に、秋山は「男がここをトップって言うな! アウトだろ。ただの乳首だろ!」と激しく突っ込んでいた。

 馬場はトリオ内で唯一の独身。秋山は「幼なじみなんですが、ここ何年かで急に変な方向に行きはじめちゃって。料理も極めているし」とついに馬場の“オネエ疑惑”に触れると「たまに後ろ(背中)にブラジャーの線があるんじゃないかと俺も探しちゃうんです」と嘆き節。すかさず「そこは僕、違いますから!」と否定した馬場だったが、秋山は「言ってくれよ。そっちのほうが俺たちも楽だからさ」と早めの“カミングアウト”を促していた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます