メソアメリカでも、こんな景色が見られそう ©Disney(撮影/YOSHI)

東京ディズニーリゾートには、沢山の珍しい植物があります。

植栽豊かなパークは、さながら植物園のようですね。

パークの植物から、ガーデニングにぴったりの、植物を探すのも、面白そうですよ。

ミッキーのガーデニング用品(ウレぴあ総研ディズニー特集「新生活もディズニーに囲まれてワクワク! 実用生活雑貨DISNEY EXPO厳選5アイテム」参照)も発売されていますし、渡りに船です。

たまには、のんびりパークを散策して、いつもと違った楽しみを、みつけてみませんか?

今回は、15周年グランドフィナーレ(2017年3月17日まで開催中)で賑わう、東京ディズニーシーの植栽から、紹介します。

個性派クロホウシ

ガーデニング初心者にもおススメ

マーメイドラグーンに行くと、カラフルなトリトンズ・キングダムが目を引きますね。

開園15周年の東京ディズニーシーでは、デイジーのクリスタルポイントも、華やぎを添えています。

デイジーのクリスタルポイント ©Disney(撮影/つるたま)

そして、フランダーのフライングフィッシュコースター脇に植えられた、黒々とした葉が個性的なクロホウシも、色彩では負けていません。

園芸店では、エオニウム、サンシモンなどの名前でも、扱われていますね。

パークでは、管理が行き届いているため、立派な花を咲かせますが、観葉植物として、充分に楽しませてくれること、請け合いです!

クロホウシは、葉に水分を溜める、多肉植物です。

おかげで、水不足にも強いんですよ。

もちろん、鉢植えでも、地植えでも、オーケーです。

仕事や出張・旅行で、放っておくことが多い方にも、ズボラさんにも、楽に育てることができます。

まさに、初心者向きの植物ですね!

その代わり、長期のお出かけ前には、たっぷり、水をやっておきましょう。

マーメイドラグーンの色彩に負けていない個性派クロホウシ ©Disney(撮影/YOSHI)

葉の色もお好み次第

クロホウシの葉は、強い日光に当たることによって、黒紫色が濃くなります。

反対に、日陰や室内では、緑色を保ちます。

したがって、好みで置き場所も選べるのです。

ただし、筆者の経験では、花を見るためには、強い日照が必要のようです。

また、室内で楽しむ場合、真夏の窓辺は避けましょう。

かなりの高温になり、一日でドライ・プラントになってしまいます。

そして、家にいるときは、なるべく外の空気に、触れさせましょう。

元気になりますよ。

日照が少ないときのクロホウシ 写真AC提供(撮影/mederu)

どんどん増えちゃう?

パークのクロホウシは、樹木のように、枝分かれしていますが、枝に見える部分は、子株です。

このまま、どんどん幹を伸ばしても面白いものです。

また、子株をかき取って、土に挿せば、根がつきます。

可愛いプランターに挿して、プレゼントにすることもできますね。

大きくなったら困る場合は、好きなところで、幹をカットできますよ。

カッターナイフで、簡単に切れます。

でも、刃は清潔なものを使いましょう。

さびていたりすると、病気の元ですからね。

カットした後の下部は、植えたままにしておけば、子株を沢山つけます。

上部は、そのまま土に挿します。

なるべく深く挿し、葉が邪魔になったら、取り除いて大丈夫です。

元々、葉を落としながら成長するので、葉をそっと引っ張れば、簡単に取れます。

高さ調整ができるので、花壇に植えた場合は、前にも後ろにも、置くことができますね。

習うより慣れろ

いかがですか?

やってみよう、という方は、気楽に育ててくださいね。

初めての方は、肥料のことは、忘れましょう。

肥料は、植物に慣れてからで、充分ですよ。

もう一点。

クロホウシに限らず、水のやり過ぎは、植物のストレスになります。

水浸しでは、根が空気を取り込めず、根腐れを引き起こすからです。

クロホウシは特に、土が乾く、時間が欲しいので、ズボラさん向き、とも言えるのです。

植物も、過保護は歓迎してくれませんね。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます