Amazon.co.jpは2月24日、東京・目黒雅叙園で「Amazonマケプレアワード2016」を開催した。

「Amazonマケプレアワード」は、ユーザー評価にもとづき、利便性や品揃えの拡大などでサービス満足度向上に貢献したAmazonマーケットプレイスに出品している販売事業者を表彰する制度。今年は、最優秀セラー賞、顧客満足賞、配送サービス賞、ルーキー賞、カテゴリー賞、そして今年から追加した海外販売賞の6部門について、優れた販売事業者をを選出した。

最優秀セラー賞のグランプリに輝いたのは、モバイルバッテリやケーブルなど、デジタル周辺機器を中心に展開するアンカー・ジャパンのストア「AnkerDirect」。同賞のほか、配送サービス賞(FBA部門)とカテゴリー賞(家電・カメラ・AV機器部門)も獲得し、トリプル受賞となった。

井戸義経 代表取締役は「Amazonで販売をスタートして4年目になるが、おかげさまで順調に成長することができた」とコメント。ユーザーから支持された要因として、品質に対する安心感が広がってきたことを挙げた。(BCN・大蔵 大輔)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます