3月19日に放送されるフジテレビのアニメ「ちびまる子ちゃん 連載30周年記念!1時間スペシャル」にゴールデンボンバーの4人が登場することが決まり、このほど東京都内でアフレコが行われた。

 2016年に原作漫画連載30周年、テレビ放送26年目を迎えた「ちびまる子ちゃん」は、「連載30周年記念! さくらももこ脚本まつり」と題し、さくらももこ氏の脚本の中から選りすぐりのエピソードを放送してきた。その締めくくりとして放送されるスペシャルに、30周年をお祝いするサプライズとしてゴールデンボンバーが登場する。

 ゴールデンボンバーは昨年4月からレギュラー放送のオープニング主題歌「おどるポンポコリン」を担当しており、オープニング映像にもメンバーがアニメキャラクターとなって登場している。今回は鬼龍院翔がお父さんに、喜矢武豊がおじいちゃんに、歌広場淳がお母さんに、樽美酒研二がおばあちゃんにそれぞれふん装し、番組の冒頭でさくら家を訪問する。

 「オープニングが決まった時、正直もしかして本編登場もいつかあるかと期待していた」という鬼龍院は念願かなっての登場に「僕たちの登場を見て、お子さまたちが混乱しないといいな」と不安ものぞかせ、喜矢武は「さくら家の皆さんの声がすごく聞き慣れていたので、その中に自分の声を入れるというのが、違和感というか、恐れ多いというか。頑張ったので“月9”のオファーも待っています!」とアピールした。

 歌広場は「僕はまさかの髪をツートンカラーに仕上げていただいて、すごくパンクな感じ。まさかの、お母さんが非行に走る感が出ちゃっています」と笑いを誘い、同じく樽美酒も「おばあちゃんの格好でも顔の印象が強過ぎて、自分、得したな~と思いました。後はこのメークでお子さまたちが泣かないか心配です」とコメントした。

 アニメは3月19日午後6時からフジテレビ系でオンエア。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます