舞台オーディションで増田有華がAKB48の頂点に!

2012.7.2 19:37配信
『ウィズ ~オズの魔法使い~』最終オーディションより 左から宮本亜門、増田有華 『ウィズ ~オズの魔法使い~』最終オーディションより 左から宮本亜門、増田有華

“パワフル・スーパー・ミュージカル”と銘打ち、宮本亜門が演出を手がける舞台『ウィズ ~オズの魔法使い~』。2日、都内にて、主役のドロシー役の最終オーディションが行われ、選考結果が発表となった。今回はAKB48を始めとしてNMB48、HKT48、SKE48に所属する全メンバーを対象に、宮本自身が直接オーディションを重ね、人気は加味せず実力のみで選考を実施。審査の結果、AKB48チームBの増田有華がドロシー役に選ばれた。

『ウィズ ~オズの魔法使い~』公演情報

最終オーディションに進んだのは増田のほか、AKB48からチームAの仲谷明香、チームKの梅田彩佳、チーム4の中村麻里子、NMB48の山本彩、SKE48研究生の斉藤真木子の計6人。一般から抽選で選ばれたの90人のオーディエンスと、詰め掛けた報道陣が見守る中、ダンス審査、セリフ審査、歌唱審査が行われた。

ドロシー役の発表にあたって宮本は「本当につらかった。もう少し下手な人がいたら楽だったのに」とこぼすなど、ハイレベルの難しい選考だったことをにじませた。選ばれた増田は涙ぐみながら「演じたり踊ったりすることが大好きで、舞台を通してたくさんの人に幸せや生きがいを届けることが夢でした」とコメント。さらに「役のために、髪を染めたり、ドロシーについて勉強したり、ここまで根本的に自分が変わろうとしたのは初めて。オーディションでも自分のことを120%出し切ることだけを考えていました。合格の余韻にひたることなく、気持ちを切り替えてドロシーに挑みたい」と意気込みを語った。

審査の決め手として宮本は「歌唱審査での歌声を聞いていて鳥肌がたちました。愛に満ちていて、壮大で、歌のもつ世界観がピュアに伝わってきた。歌が上手い人は多かったけど、それを超えたものを感じて増田さんとやっていきたいという決意ができた。自分を忘れて全部フリーにして、どこまでも行っていい! という気持ちが彼女の強さ。この作品に合っていると思いました」と語った。さらに「稽古では最高のドロシーを作るために、“亜門なんて!”と怒りたくなるくらいのことを言います。僕も作品にまみれていくので、一緒にがんばっていきましょう」とエールを贈ると、増田は「ぶつかっていきます」と力強く応えた。またこの日は、そのほかのキャストも発表。ISSA、陣内孝則、森公美子、小柳ゆき、ジョンテモーニングなど個性溢れる実力派が脇を固める。まさに日本中を元気にするミュージカルが生まれそうだ。

公演は、9月28日(金)から30日(日)までKAAT 神奈川芸術劇場 ホール、10月18日(木)から28日(日)まで東京国際フォーラム ホールCにて開催。神奈川公演は7月29日(日)、東京公演は9月1日(土)に一般発売開始。大阪、名古屋でも公演を予定している。

取材・文:大林計隆

いま人気の動画

     

人気記事ランキング