東京ディズニーシー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー ~シャイン・オン!~」 ©Disney 撮影 / 海里

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーには、いつもたくさんのゲストが訪れています。

実はパークが混むと、前売り券を買っていても、入園できなくなることがあるのです。

キャンパスデーパスは要注意!

毎年、学生さん向けに売られているのが、「キャンパスデーパスポート」です。

実はこのチケット、裏面に「入園制限中のパークでは使用できません」と書かれています。

入園制限とは、パークが混雑したときに、当日券の販売を止めて、新しくゲストが入れないようにすることです。

つまり、パークへ行く前に、キャンパスデーパスポートを買っていても、入園制限になると中へ入れなくなってしまうのです。

※キャンパス2デーパスポートには、入園保証があります

もし入園制限になったら、どうすればいいの?

一度、入園制限になってしまうと、解除されるまで中へ入ることはできません。

また、チケットブースで、新しくチケットを買い直すこともできなくなります。

制限になっていない別のパークへ行くか、解除されるまで待つか、その日はあきらめて帰るか、の3つの方法しかありません。

入園制限を行う場合、あらかじめ公式ウェブサイトなどで「○時までに、当日券販売窓口までお越しください」というお知らせを出します。

これが「入園制限を行うかもしれませんよ」というお知らせですので、この時間までにパークへ入れば大丈夫です。

もし土日などの混雑しそうな日に行くときは、必ず調べておいたほうがいいですね。

東京ディズニーリゾートや海外のディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報を皆さんへお伝えします。はてなブログ『舞浜新聞』(maihama.hateblo.jp/)では、様々な切り口で記事を書いています。よろしくお願いします。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます